MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

日本ハム右腕の“遅すぎるボール”が米国でも話題

Yahoo!ニュース
日本ハム右腕の“遅すぎるボール”が米国でも話題 独特軌道が「面白すぎる」(Full-Count) - Yahoo!ニュー...  日本ハムの2年目、伊藤大海投手が披露した“超スローボール”が米国でもファンの話題をさらっている。27日の「マイナビオールスターゲーム」第2戦(松山)で披露した“遅球”...

多田野のスローボールは独特なフォームから最後にピョイッと射出されるようなイメージ。伊藤のは腕振ってしっかり投げているように見えた。どちらにせよかなり練習しないとストライク入れるの難しいのは一目瞭然。

スローボールって実際に緩急としては最強だし、良いと思うけど、理想なのはストレートと同じようなフォームでストレートかな?と思わせて実はスローボールと言うのだよね。 難しいけど…

元日ハム、アメリカでも話題となると多田野さんの名前が真っ先に思い浮かびますけど、多田野さんも伊藤投手もスローボールをコントロールできるところが凄いし、さすがプロだなと思いました。 それをバットに当てた坂倉選手、ビシエド選手も流石。

物理詳しい人に聞きたい。超スローボールは山の頂点で速度0になって重力加速度に従って加速しながら落ちてくる、という解釈でいいの?昔見たドカベンで殿馬が投じた「秘投禿山の一夜」を思い出した。

球の軌道で打ちずらいのもあるだろうけど、球威がないからフルスイングじゃないと打っても思ったよりも飛ばないもんなのかな?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる