MENU
ドラゴンズの試合中継を無料で見るにはこちら

又吉はBランク(当該球団所属日本人選手の中で年俸額が4〜10位)とされているが、今季の推定年俸は4200万円。

又吉はBランク(当該球団所属日本人選手の中で年俸額が4〜10位)とされているが、今季の推定年俸は4200万円。
この金額が正確なら、他球団のBランカーと比して著しく安い(他はほとんど8000万以上。移籍やFAが絡んで、2億、3億だがBクラス、という選手もいる)。
又吉自身も2018年には推定8800万円という「瞬間最大風速」を出しているが、その金額にしても毎年フル回転している投手への評価としては不当だし、現在ではその半分も貰っていない。
そしてそれでもBランクなのだとしたら、彼に限らずドラゴンズ全体の年俸レベルや査定基準が他球団とは全く異なっていることを意味する。
FA権取れたら出ていきたいと思うのも当然だろう。

ホークスのプロテクト漏れの中にドラゴンズが欲しい選手がいたとして、その今季年俸額が又吉以上であった場合、金欠フロントはどのような決断を下すのだろうか。下世話ながら興味深い。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる