ドラゴンズは立浪監督就任で、落合時代以来久しぶりに人気球団に返り咲く好機だ。

ドラゴンズは立浪監督就任で、落合時代以来久しぶりに人気球団に返り咲く好機だ。
根尾、石川昴を正遊撃手、正三塁手として定着させよ、これまで根尾が精彩を欠いていたのは本職の遊撃ではなく外野を守らされていたのが理由。

功労者だが根尾にとって邪魔な存在の京田は、日ハムにトレードして清宮、吉田輝、柿木蓮を獲得しろ、
1対3のトレードなら京田のプライドも保たれよう。

石川、根尾、清宮という夢の内野陣に加え吉田がマウンドに居れば甲子園ギャルも熱い視線を注がざるを得ないし、ライトなプロ野球ファンもドラゴンズにこぞって注目する事間違いない。

立浪打法と根尾打法は違います。だから、立浪打撃理論を“教え呑み込ませる”のではなく“教え消化させる”指導しないと、いくら教え込んでも打法が違うから思うようにできず駄目になって潰れてしまうのです。逆に悪くなるだけ。その辺りを認識していない指導者が多い。

とりあえず守備だけ練習するばいいとのこと
バッティングは練習すると悪くなることもあるとか、守備練習だけでもバッティングの結果が出るとは知らなかった。

バンテリンドームにテラスを付けないと打者は、枯れていく。投手戦を魅せられるのは、つらいです。だから、投手とキャッチャーのキャッチボールしか遠くからは見えないのですよ。どんなにプロ野球選手が、難しいことであることであるとわかっていても。

バンテリンドームにテラスを付けないと打者は、枯れていく。投手戦を魅せられるのは、つらいです。だから、投手とキャッチャーのキャッチボールしか遠くからは見えないのですよ。どんなにプロ野球選手が、難しいことであることであるとわかっていても。

別に伸び悩みは根尾に限った事ではない
中日のほとんどが伸び悩んでいる
今日のフェニックスリーグみても
巨人と全然違う
中日はつまったポテンヒットばっかり
体格も全然違う

昔の中日は生え抜きの野手がたくさん活躍してた。今は外国人の助っ人のスカウト力は良いけど、野手を育成する能力はブッチギリでドベ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる