命運を握るのが根尾の成長、は言い過ぎでしょう。

命運を握るのが根尾の成長、は言い過ぎでしょう。

内野であれば、彼以外にも若手の期待株がいるし、外野は大島、新外国人で空きはあと1つ。だが、現状からすれば長打が期待できる選手が望まれるだろう。

ともあれ、打撃が一皮も二皮も剥けないと競争のスタートラインには立てない。
オフは東海地区恒例のタニマチイベントを断ち切り、打撃向上に努めてほしい。

これまでを見ている限り、ホームランバッタータイプでもアベレージヒッタータイプでもない。目指すところは2ベースを量産できるクラッチヒッターあたりか。

根尾を獲ったことは悪くないし、来季期待する選手というのはわかる

ただ立浪は大阪、井端は神奈川と地元のスターではないのに、中日ファンから今も愛されている選手である。

一番は地元ではなく能力、結果を残す選手が必要。堂上も地元から愛されるスターだけれども物足りない。地元は活躍すればいいけど、しない場合は結局トレードも出しずらいし、長く在籍することになる

中日は強さや人気を求めるのであれば、地元ではなく補強ポイントをずらさず、能力を見て獲得した方がいい。  

これは根尾や石川など今在籍している選手ではなくて、これからも獲る選手の獲得方針に対してだけど。

ただそう書きながらも今年のドラフトは安田が欲しかった気持ちは今もあるけど。

根尾に関しては小園や藤原は活躍や、芽を出しつつあるのになんで根尾は時間がかかるのか?スカウトなのか?育成の問題なのか?何が他球団と違うのかは調査した方がいい

根尾もそうだし石川,岡林,石垣と言った若手も下から早く1軍を脅かす存在にならないと中途半端な戦力のまままた来期も同じ結果になりそう!セカンド,レフト,ライトはチャンスあり!

根尾選手はドラフト1位だからと特別扱いしてあれこれ指導するより、競争の中で自分で考えて工夫して、少ないチャンスで結果を出すしかないように突き放した方が良いのかもしれないですね。
頭が良くて努力することのできる根尾選手にはその方が向いている気がします。
今の中日にとっては根尾選手よりも石川選手の成長の方が最優先だと思いますが。

親会社はカネが無い訳では無い…竜のレジェンドスターに再建を託した以上は球団も背水の陣だと覚悟してるだろう。立浪には沢山のスポンサーも付いてるし湯水とは行かないが今までと違い補強を含めカネを出す事は間違いない。又、立浪も就任の条件に球団の全面的支援と全権依頼を取り付けてる筈だ。

根尾にそんな重圧かけてもなあ…高卒でも打てる選手は3年もすればその片鱗は見えてくるんだけど。
高卒のスラッガーで当たりを引くのは難しいよ。岡本や村上は奇跡の大当たりなわけで根尾や石川があんな風になれる確証はない。素材が良くても育成が悪けりゃダメになることもあるわけだし。

根尾が命運を握るなんて大げさすぎでしょう。若手は根尾以外にもたくさんいる。今年は彼だけにたくさん打席を与え過ぎ。一度突き離して下で結果を出してから1軍で勝負させるべき。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる