【○○世代】同級生の根尾と小園 

【○○世代】同級生の根尾と小園

 

目次

与田監督

「どんどん状態は上がってきている。チャンスに強い、粘り強さは出てきている」

 

 

 

同級生の会話

 

 

 

主な同級生(大阪桐蔭最強世代)

大阪桐蔭が史上初の2度目の春夏連覇を果たしたのが2018年。「最強世代」の根尾昂、藤原恭大、柿木蓮、横川凱の4人がプロ入り

ロッテ・藤原

ドラフト1位でロッテに入団した藤原恭大だ。高卒1年目から「1番・センター」で開幕スタメンに抜擢され、第4打席で初安打を記録する華々しいプロデビューを飾った。

巨人・横川

ドラフト4位で巨人入団すると、1年目は三軍でトレーニングを積み、イースタンでは4試合に登板して1勝1敗、防御率6.00だった。

今季はイースタンで7試合に登板。1勝1敗、防御率3.48の成績を残し、11月1日に初の一軍昇格を果たした。2試合で5.2イニングを投げて被安打4、失点1。将来を期待される長身サウスポーが貴重な経験を積んだ。

 

日本ハム・柿木

ルーキーイヤーはイースタンで26試合に登板し、2勝4敗、防御率8.24。プロのレベルの高さに苦しんだ。

今季はイースタンで6試合のみ登板だったが、7イニング無失点と大幅に良化。フォーム改造の成果が出て今後に期待を抱かせた。

 

 

 

黄金世代の選手

吉田輝星投手(日本ハム・2001年1月12日生)

小園海斗内野手(広島・2000年6月7日生)

宜保翔内野手(オリックス・2000年11月26日生)

 

 

 

 

 

最強世代

 

 

ファンの声

根尾選手は華があるし、何とか使い続けてもらえるうちに一人前になってほしい。
努力も惜しまずできるようですし応援しています。
球界を代表するような選手になってください!

 

 

 

もう周平もホームランは期待出来ないし、セカンドに周平を再コンバートし、サード石川、ショート根尾で長期的な内野編成をした方がいいんじゃない?

 

 

 

さらに今日のヒーローがこのどちらでもなく、同学年の下位指名、しかも同じ遊撃手での指名だった羽月っていうのがまた面白いよね。
今のところこの世代は戸郷がリードしてるけど、華のある選手も多いし、みんなが切磋琢磨して名実ともに黄金世代になって球界を引っ張っていってほしい。

 

 

根尾は最後の四球の打席は三振だけはしないように最初からバットを短く持って打席に入ってたと思います。
二打席め進塁打もそうだがチームの為に考えたバッティングをする姿勢に好感を持てます。

 

 

 

根尾にはまだまだ伸び代が有るが、京田のバッティングには伸び代が有るとは思えないし、相手が嫌がるような粘りもない。
根尾が打撃で京田を超えるのも時間の問題なのて、根尾をショートでサードは石川、セカンドを周平でセンター岡林でレフト大島 高松はここぞの代走、あと石垣も上で。それで行こう!

 

 

 

根尾は甲子園での振りが戻ってきた印象です。
選球眼も良くなり、追い込まれてからの粘って4球を選んだところが成長したと思います。

 

 

 

お互い意識ありまくりだよね!
見ていて気持ち良い!

一生懸命プレーしている!
自分のプレー 全力プレー

二人とももっともっと活躍して ジャンパンのユニフォームで再会してほしい。

ドラファンとしては 今日の負けは悔しいです。

 

 

 

 

根尾は打率まだまだだけど、最近の試合では安定して打ってる。今の調子を維持できれば、シーズン終了時に2割5分くらいは期待できるかと。

 

 

 

小園はもうショートレギュラーでOKでしょ。
根尾の外野はちょっともったいない。確かに京田の守備の方が安定してると思うが今の打撃を見るとちょっとね。どちらもチーム事情良くないので若手をもっと積極的に使って欲しい。

中日は石川、カープは中村、この2人も先発で見たい。

 

 

 

いいですね
ワクワクします
できればもっと打席が回るよう
2番起用をお願いします!
今のチーム状況では
誰が何番打ったって
結果は変わりません
どうせ線にはならないのだから…
お試し期間終了しないとね

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる