34歳の田沢純一はドラフトにかかるのか

34歳の田沢純一はドラフトにかかるのか

目次

田沢純一とは

神奈川県横浜市神奈川区出身のプロ野球選手(投手)

 

高校は横浜商科大学高等学校

 

高校卒業後は新日本石油に入社し、入社2年目で社会人野球ベスト4の原動力となり注目される

 

2007年には複数の球団がドラフト1位で検討したが、直前の成績で精彩を欠いたため社会人野球に残留

 

2008年9月11日 メジャーリーグ挑戦を発表

 

日本球団からのドラフトが確実視されている状況でメジャー挑戦を発表したことで問題となる

 

「田沢問題」である

 

この結果、日本プロ野球のドラフトを拒否して海外のプロ野球球団と契約した選手は、海外球団を

退団した後も一定期間(大卒・社会人は2年間、高卒選手は3年間)はNPB所属球団と契約できない

ルールが設けられた

 

いわゆる 「田沢ルール」である

 

田沢のキャリア

2008年12月にメジャーのボストン・レッドソックスと3年総額400万ドル(約3億8000万円)でメジャー契約

2013年のボストン・レッドソックス時代にワールドシリーズ制覇を経験

 

田澤純一

 

 

田澤純一

 

 

 

田澤純一

 

 

2020年ドラフト

 

10月26日のドラフト会議まであと2カ月前

 

日本のドラフト会議での指名を拒否して海外のプロ球団と契約した選手は一定期間(高校生は2年間、大学生・社会人は3年間)、NPBの球団と契約できないという、いわゆる“田沢ルール”の撤廃を決定

 

今年7月から独立リーグの埼玉武蔵ヒートベアーズでプレーしている田沢自身もNPBでのプレーを希望すると表明し、“田沢ルール”の撤廃で正式にドラフト候補としての扱いを受けることになる。メジャー通算388試合に登板して21勝4セーブ89ホールドという実績は申し分ない。来年で35歳という年齢はネックとなるが、リリーフが手薄な球団は獲得を検討することになりそうだ。

 

 

埼玉武蔵ヒートベアーズの田沢

 

 

果たしてとるチームは?ドラフト何位?

 

候補としては、海外のプロでプレーした選手が、ドラフト候補となるのは田沢が初めてではない。過去に似た事例で成功しているのが日本ハム

 

 

海外で実績のある投手をドラフトで指名した球団という点では、オリックスも当てはまる。日本の高校を中退して米国に渡り、メジャー通算16勝をマークした実績を持つマック鈴木(本名・鈴木誠)を2002年のドラフト2巡目で指名している

 

 

即戦力のリリーフが必要な球団ということでは、西武も該当

 

 

もう1球団、田沢指名の可能性がありそうなのが巨人

ドラフト指名の場合の年俸は?

 

田澤純一投手と同じように、メジャーリーグを経験してからドラフト指名を受けた選手には、マック鈴木投手、多田野数人投手、マイケル中村投手がいます。

マック鈴木投手は
2002年ドラフト2位、契約金1億円、年俸1500万円

マイケル中村投手は
2004年ドラフト4位、契約金3000万、年俸1500万

多田野数人投手は
2007年大学社会人ドラフト1位、契約金6000万、年俸3000万

※金額はいずれも推定。

これらを参考に考えると、田澤純一投手はおそらく、契約金5000万、年俸1500万ほどと予想されます。

一応、新人選手の最高年俸は1500万円までと決められていますが、さすがにこれだけのベテランを普通の新人と同じとするわけにはいかないので、
多田野数人投手のように特例で3000万にする、あるいは年棒が少ない分は契約金に上乗せして支払う、などのなんらかの措置は取られると思いますね。

 

 

 

ファンの声

リリーフが安定してる巨人が獲得は薄い
ヤクルトか西武がスルーしたら年齢で指名がないか?あっても下位では?
育成では受けないだろうし

 

 

 

 

今の巨人に田澤が入り込むポジションなんてないよ。指名する球団があるとしたら、現在リーグで下位にいる球団じゃないかな。下位にいる球団は終盤で点を取られて負けるパターンがほとんど。それなら経験と実績のある田澤を獲得しようって思っても不思議ではない。ただ上位で指名することはないと思うけどね。

 

 

 

 

指名があるとしても、狙っていた他の選手やチーム事情との兼ね合いで、5位指名が4位に繰り上がるくらいじゃないですかね。

いずれにしても、ジャイアンツはないと思う。
菅野の動向次第だけれど、足りないのは先発投手。
仮に田澤が加入してブルペンが一層の厚みを増したとしても、代わりに先発に廻せそうな投手も見当たらないし。

 

 

 

 

田澤が球場で投げる姿観たいけど、
来年35歳になるし、1軍で通用するのも1、2年位でしょ。
ファームに置いておいても仕方のない選手ですし、
状態も下がる事は有っても上がってくる事は無さそう。
積極的に取りに行く球団有るのかな?

 

 

 

 

巨人が欲しいのは安定感のある先発だろうな。菅野が抜けると考えると新たに2人位は勝てる先発が必要だろうし。

 

 

 

 

田沢がアメリカへ行く前、ドラフトでは2球団が指名する噂があった。片方は日本ハム。
しかし、それから12年。田沢の商品価値は、落ちている。
入団したら、活躍の場がありそうなのは、西武やヤクルト。投手がダメすぎるからね。

 

 

 

 

田澤はそもそもMLB復帰の調整のために独立リーグにいるのでは?
日本でやるとしても、すでにMLBで通用しなくなってしまった選手に貴重なドラフト上位枠を使うはずはないと思うが。

 

 

 

 

実力はあるとは思うけど、年齢がネックだね。
巨人は中継ぎが充実してるから獲らないと
思うけど、投手事情が苦しい球団はあるかも。
ただ、年齢的に迷うとは思うよ

 

 

 

 

後何年投げられるか分からない投手にドラフトの上位の指名権を使って指名するとは思えない。
本人だって今年はマイナーリーグが行われないから日本に帰って来ただけ。来年も日本でプレーとは限らないでしょ。

特に岩隈の例を考えると二の足を踏む球団は多いと思う。

 

 

 

 

巨人は原が全権監督で育成に舵をきっている現状、貴重な枠を使う事は無いと思う。特に近年最高レベルにリリーフ陣が充実している現在なら尚更。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる