与田監督の母校の後輩をドラ1で指名したかった理由

与田監督の母校の後輩をドラ1で指名したかった理由

目次

与田監督の母校

与田監督は千葉県君津市出身

高校は木更津総合=当時は木更津中央

 

木更津総合といえば、ドラフトで注目されている

 

早稲田大学の早川隆久の出身高校である

 

早川は与田監督の高校の後輩

 

早川 隆久(早大)

 

 

 

早川 隆久(早大)

180cm80kg 左左 MAX155m スライダー・チェンジ・カーブ・ツーシーム 木更津総合
キレの良い155㌔直球とスライダーなどの変化球。代表候補合宿で計5回10K0封の好投を披露した。

 

早川 隆久(早大)

 

 

早稲田大学野球部の小宮山悟監督も

「今年のドラフトでは10年に1人の打者もいるようですが、早川は20年に1人のサウスポー。和田と比べるのはどうかと思いますが、こっちの方が球速は速い」とまな弟子をべた褒めした。

 

小宮山悟監督

 

 

ヤクルトが1位指名を公表

 

ヤクルトは25日、26日に行われるドラフト会議で早大・早川隆久投手(4年=木更津総合)を1位指名することを公表した。スカウト会議に出席した高津臣吾監督(51)が、明らかにした。「早川選手です。やはり投手の補強がポイントで、強くていい球を投げるし、左腕ですし、慣れ親しんだ神宮でプレーしている。何の迷いもなく、全員一致で早川選手でした」と説明した。

 

高津臣吾監督

 

 

ロッテが1位指名を公表

即戦力としての期待値が高く、千葉出身ということもあり地元球団のロッテが1位での指名を公表

 

ロッテ井口監督

 

その他の球団

1位指名の競合が予想される

DeNA、広島、楽天が手を上げる可能性

 

 

中日も指名したかった理由

20年に1度の左腕投手

今年、大野がFAで出て行ってしまった場合の左投手が欲しいからである。

 

小笠原がしっかりすることが一番であるが、この逸材を狙いたかったのは間違いない

 

与田監督としても高校の後輩であればなおさらである

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる