昨日のドラフトの最低評価は野手偏重の中日って言われている

巨人を評価する理由が薄すぎる。
投手をたくさんとれたからよかったとは、どういうことなんだろう。育成多く取るとなぜ好感が持てるのだろう?

個人の感想レベルなんだよなぁ。

阪神ファンだけど
「阪神は最低評価。大山は2位で獲れた」
「近本を1位指名の阪神、瞬足巧打の選手は飽和状態」

こんなのすぐ覆したし、ブライト鵜飼には期待だよ。

3年前のドラフトでは中日はかなりの高ポイントだった

根尾を引き当て、2位で1位クラスの梅津を獲得できた

3年経ってどうでしょうか?

ドラフト直後の評価は意味がないと思う

藤井引退、武田・井領・遠藤戦力外、平田復帰目途立たずですからね。そりゃ野手に偏りますよ。福田や福留など主力の年齢層も高いし。

それに根尾や岡林が有望だとしても、彼らは中日に最も必要な長距離打者では無い。

自分は逆に中日がここまで思い切って偏重するとは思っていなかったので、逆にやるじゃないと思ったよ。後はコーチ陣を忖度無しに有能な人を連れてこれるかだ。

中日はその”しわ寄せ”が今まさに来ているところなんですよ。
だから野手偏重になってるんです。

投手豊作年に野手ドラフトしなきゃいけないような状況に追い込まれている背景を含めて点数をつけるならE判定もやむなしですが
2021年ドラフトというだけなら少なくとも補強ポイントをしっかり理解した指名だったと思います。

中日は今期12球団トップの防御率と12球団ワーストの打線…
そりゃ野手偏重の指名するでしょ…その辺の情報を加味したら全チーム当然バランスよく指名したと思う。
まぁ確かにサプライズの単独指名もあったけど…結局ドラフトの評価ができるのは3~5年後にどれだけ戦力になってるかだから今の評価は意味が無い…

中日も楽天も貧打が課題なのですから、野手偏重で良いと思います。ロッテも田村がFA近いし、都志也も捕手としての能力にまだ課題が多く打力を活かしてコンバートの可能性もあるから、高校生捕手1位はいい戦略なのでは。いずれもチームのウィークポイントを埋めに行っていると思う。

ドラフト上位が必ず活躍するとは限らないし、ドラフトにかかる選手はそれなりにプロのスカウトがじっと見続けて指名しているので、あとは監督、コーチがどう育てるかにかかっていると思う。タイガーズでいうと青柳投手・岩崎投手・糸原選手・中野選手などなど下位で指名された選手が活躍することもあるし、他球団でも同じ事が言えると思う。
腕利きのスカウトかもしれませんが、指名した球団に評価を付けるのはいかがなものかと思う。ドラゴンズの補強ポイントは打者なので打者を多く取るのは間違っていないと思う。ジャイアンツの課題も投手だから投手中心に指名したジャイアンツはA評価でドラゴンズが最低評価なのかよく分からない。

「腕利き」って言っても元マリーンズ
この方が編成に在籍していた期間も「50年勝率1位無し」の期間だって事は、色々解説しても説得力が無いのでは…?
投手も重要ですが打撃も守備も重要、吉田正尚の様に元大学日本代表4番とかなると野手でも結構期待値大きいので上位指名する価値はあるのではと思います

中日のチーム事情が極端なまでに偏重しているんだから、それを矯正するには偏重なドラフトをするしかないですよね。取った選手だけでバランスを考えるのではなく、既存の選手とのバランスを考えないと意味がないですね。

ロッテファンですが、10年前のドラフトを元ネタに話しますと、
1位藤岡貴裕 東洋大
2位中後悠平 近畿大
3位鈴木大地 東洋大
4位益田直也 関西国際大

藤岡の抽選を当て、2位でもウェーバー制の利を生かし、全体13番目で中後を指名。
当時のドラフト直後の評価はドラ1クラス2名両取りで、ドラフト採点でもS評価とか、95点とか最高級のものだったが、今やその2人は球界にさえ居ない。残ってるのは3位の鈴木(現楽天)と4位の益田。

つまりは要するにドラフト直後の評価や採点なんて全く意味ないってこと。

巨人がAで中日がEて、極端な。
こんな極端なドラフトしてAな訳ないやろ。
てか、弾がなければ当たらないっていうけど、数撃たなきゃ当たらないってドラフトって事やろ、この極端な指名に対するその評価は。
巨人の戦略が西武以外の球団より上をいってるのがちょっと分からんわ。
ドラ1も指名した中で一番育てられる自信ある投手なんか?完成度の高い佐藤もいたし左腕なら鈴木勇斗もいた。
現段階の評価でも巨人が上なのがよくわからん

めぼしい高卒捕手が少ない中で、ロッテの順番的に松川は1位じゃないと取れないし、競合必至の小園と単独確実の松川を天秤にかけた結果だと思う。別に悪い選択ではないと思うが

今の中日の強みは安定した投手陣 弱点は得点力の低さ
別に過度に高年齢化してるわけでもないし、必然的に野手メインで獲得するのが普通
期待できる若手野手がまだいると思っていても、まだ活躍するとは限らない
投手陣は緊急で補強しなくていけないほどではない
結果、今回の中日のドラフトは妥当

今の中日を見て今年は投手豊作とはいえ、そこまで抜けた選手不在と言われてる中で強打者野手を狙うのは当たり前でしょう。
そりゃどのチームも小園や隅田は欲しいけど、それより中日は今のチームでは打てないんだから、率先して打者を取らないと駄目。
投手は宏斗や清水もいる。梅津や勝野も今後ローテに入るだろうし、今年は打者一択だと思う。
京田、周平、キノタク以外の後釜及び外野レギュラー候補を早めに補充した今回のドラフトは及第点では?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる