立浪が監督でも良いけど、バッティングコーチは真剣に考えて欲しいね。

立浪が監督でも良いけど、バッティングコーチは真剣に考えて欲しいね。
立浪の指導で良くなったバッターを俺は誰も知らない。
立浪監督で駄目なら中日は後がもう無いぐらいの気持ちで球団、名古屋財界人が1つになるなら良いけど

斜陽産業の新聞社。読売新聞とは異なりたんなる地方紙。そのくせ名古屋ではいばってふんぞり返ってる。記事の内容もひどくても、中日新聞意外の選択肢がほぼないに等しい東海地方。金がないなら手放しなよ。ドラゴンズを強いチームにしたいなんて思ってないんだろうよ。バンテリンドームという球場も魅力がないし、とにかく見てて楽しくないんだよ。面白くないんだよ。立浪監督は楽しみだけど、半分は可哀想に思う。勝てなかったら叩かれて監督のせいにされる。金かけて戦力を整えての立浪監督にしてあげないと。

最近はチーム成績不振や若手野手育成放棄の問題で、ファンの声が球団フロントに向けられる様に成りましたね。
与田監督をいくら批判しても一向にそのスタイルを変える事は無い、いい加減ウンザリしたファンは無策の球団フロントに矛先を向け始めたが、これがまた糠に釘と言う状態です。
今シーズン特に後半はお陰様でTV観戦する事も殆ど無くなりました。
与田采配は若手選手を観る楽しみさえ与えてくれないからです。
怒りに任せてドラゴンズファンをヤメると言うより、自然な流れで野球に興味を無くしていけそうです。

立浪はさておき、この記事が生の声だとして
このまま続投より、ってそもそもそんな言葉が出てくる成績では無いだろう!本来は休養でもしてるだろう。もう身売りした方がよいな。

立浪氏に関しては実績も華はあるし、星野氏にあるような政治力も兼ね備えてるとは思う。
しかし、過去に不倫や、一部で噂されているダーティーな話もあったりするから自身としては応援するに当たって少し引いてしまう部分がある。
それと、「お金がない」が選手と球団との契約に当たっての安く契約する免罪符では無いと思う。
他球団に見られるような必死にファンに球場に足を運んでもらうための姿勢や他球団と比べてドラゴンズしか無いものが見えてこない。
自力で、それこそ親会社へも主導権を握れるぐらいの力を付けてほしいと思ってる。
正直言って、我々は中日新聞社を始めグループ会社を応援してるわけではなく、ドラゴンズを応援しているわけで、その辺をはき違えないでほしい。
選手側も、もっと勝てるようになってほしいし、代表選手になれるような選手にならなければこのような状態が続くのでは?と思ってしまう。

中日ファンです。
選手時代に優勝経験の無い与田監督を就任させた中日球団フロントも、与田監督と共に責任を取るべきです。優勝経験が無い人が、勝てるチームを率いることは出来ない。それを補うために伊東ヘッドを招聘したのでしょうけど、全く参謀役には向いていなかったのでしょう。これも機能しませんでした。
立浪さんは確かにプライベートの疑惑がありますが、PL学園高校時代から主将として春夏連覇、中日入団後も4回の優勝と日本一1回に貢献しており、勝てるチームを作れると思います。さらに野球センスは抜群に良いです。
ただし、やる気の無い球団がどこまで戦力補強をしてくれるのか。そこがクリアされないと、勝ちは増えても優勝は難しいままでしょう。
勘違いしている大島オーナー、お飾りの球団社長、無能なのにしゃしゃり出てくる加藤球団代表の更迭を求めます。

立浪監督誕生も、中日球団としてファン目線でものを見れば必要。
他球団に比べ全然出来ていないのが、ファン目線。もっともっと中部圏のための球団運営をしないと人気は戻らない。
ファンが喜ぶ企画が少ない。
何かをプレゼントするとかではなく、ファンに感謝が足りない。
中スポも偏った記事ではなくもっと面白い内容を考えて書かないといつも同じで読んでてもつまらない。
新聞社っていうのは上から目線なのかな?

取り敢えず貧打を解消してほしいです。バッティングのタイミングの取り方で試行錯誤している選手に指導してあげてほしいです。タイミングを上手く取れれば、球の見極めも出来き、形も崩されにくいので、もっと強い打球が飛ばせると思います。

監督の人脈ってのは選手に関わるところで役立ってほしいのであって、スポンサーだの何だのってのは経営陣が骨を折るところだろうに。個人的には立浪には期待したいが、選手時代の実績がそのまま監督業、名将としての資質ではないことはいろんなところで立証されているし、生え抜きだから成功するならヨシノブだってもっと長期政権でよかったし、中日でいえば高木守道が晩節を汚すこともなかった。この記事の通りに考え、行動するなら中日は素人目に見てもプロ野球チームの経営を根本的に勘違いしているように思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる