このトレードの突筆すべきところ

このトレードの突筆すべきところ

 

しかしこのトレードの突筆すべきところは、中日の手薄な外野手を中日の現状三番手捕手にもなれない加藤匠で獲得できたこと。ロッテも外野手の層が厚く同様のことが言える。つまりこのトレードが成功かどうかは彼らのこれからの活躍次第だが、両チームとも少なくとも失敗にはならないと言える。
よって自分は試合をこなす前の段階で既にこのトレードを評価しています。

 

 

ロッテでは外野の層が厚く
中日は外野が手薄。
反対に
中日では捕手が充実で
ロッテは捕手が手薄。

ロッテ⇔中日=加藤トレード。

どちらもチームの戦力になれるよう
頑張ってね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる