Twitterはこちら

NPB屈指の能力が開花の予感

笠原 祥太郎
弾道測定器が証明…笠原のリリースポイントが改善 NPB屈指の能力が開花の予感

NPB屈指の能力が開花の予感

スポンサーリンク

グレーディング能力

笠原のストレートとチェンジアップのスピードの差を距離に換算すると、275センチ

 

ストレートがホームベースの上を通過する時、チェンジアップはまだ275センチ分、投手寄りにあるという意味である

 

これをグレーティング能力という

 

笠原のグレーディング能力の高さは、NPBでも屈指である

 

 

ファンの声

科学的データに基づきリリースポイントを改善して更に打ちづらくなる笠原投手。今年は戦力になるのでは。心不全不整脈からの復活。応援しています。左の先発投手がドラゴンズには必要。笠原投手が10勝してくれたら優勝に近付く。頑張れ笠原投手。

 

笠原の復活を期待してます。また一軍のマウンドで輝いて欲しい!がんばれ我らの笠原❗️

 

 

先発は大野、福谷、笠原、梅津、小笠原、柳が軸でしょうか。それに優秀な中継ぎ陣と抑えのマルティネス。
打者はビシエド、阿部、高橋のクリーンナップと石川と石垣の長距離砲の新興勢力と木下捕手。
これは期待できる。不安要素を上げれば中継ぎ陣の肩の疲労でしょうか。

 

 

笠原選手はルーキー時からチェンジアップがいいと言われてきた、ストレートも球速のわりに打ちづらいと思っていたのだが科学的裏付けを受けると更に期待できると思う。ラプソードをもっと活用し打たれにくい投手と、相手投手を打つためのデータ解析をしてほしい

 

 

 

結果が出て理屈倒れにならないことを祈ってます。

 

笠原投手!弾道測定器のデータを見て今年は期待できそうだね!
笠原投手の得意球はチェンジアップだけど1番いいのは直球なんだね。球速は速くはないけどポップ率が高くナチュナルにスライドするんだね。打者も打つのは難しそう。
得意変化球のチェンジアップも直球と変化量が少なく打者からすると直球かチェンジアップか区別つきづらい球質なのは凄く有効だね。
でもリリースポイントが直球とチェンジアップが違いすぎる欠点があったが今は改善されたのはよかった。
笠原投手は開幕投手経験もある経験豊富な投手なので1年間活躍できるようにこれからもアピールしまくってくれ!!

 

ちょっと浜口君と比べるのは笠原君に失礼だよ❗️だって浜口君はノーコンだしチェンジアップも落ちるだけでキレは全く無いんだよ❗️ドラゴンズの打者もチェンジアップ全然騙されてなかったしね❗️(横浜スタジアムでの試合を見て僕はそれを確信した)笠原君はコントロールもキレもいいんだから10勝はしてくれよ❗️

 

 

中日ファンcommunity

タイトルとURLをコピーしました