MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

大谷に見合うトレード要員を用意出来るチームがあるのかと言う点も結構な問題。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

大谷に見合うトレード要員を用意出来るチームがあるのかと言う点も結構な問題。

マーリンズファンが掲示板で「アルカンタラ+チズホルム+若手プロスペクト2名で」と言ったら
「それでも不足だ」と横から突っ込まれてたのを見た事があるんだけど
その時「こりゃ高価過ぎてどこが相手でもトレード不成立になるわ」とつくづく思った。

金満の強豪チームはむしろFA市場で彼を獲得したがるような気がする。

この先トラウトが怪我がちにならないとは言い切れない、
そうなるとDHでの出場の可能性が出てくる、一つの椅子に2人のMVPの争いになるので
どちらかがベンチになってしまう。
チームとしてはすでに大谷を売る選択肢を考えているはず。
逆はないと思う。

ワールドシリーズに出場するという大谷が高校時代に語っていた夢を実現するには、契約を急ぐべきではないだろう。エンゼルスの成績が今季も同じなら、移籍したほうがいい。

大谷は来期は絶体に移籍すべきだ!
エンゼルスの負け癖は簡単には是正されないし、大谷の年齢から見ても、エンゼルスで無駄に年齢を重ねる必要はない。同じ西海岸でプレーオフに進出出来るチームに移籍すべき。

大谷翔平本人の気持ちもあるし、球団側の思惑とが合わないと難しいかもしれない…。
ワールドシリーズに出場しやすい球団に移籍するのか、エンゼルスでワールドシリーズ出場を目指すのか……。
前者のような気がしないでもない。

更なる補強てそんな残り予算ありましたか?まあいいですけど。

投手と打撃に適応するのに単純に言って普通の2倍は掛かるわけですから両方に出場機会が
あって日本でやってた状況に近いのを、それでエンゼルスを選んだわけですがそれはまあ良い
でしょう。
でも適応の時期は済みました、次は勝負を仕掛けるべきでしょう。
エンゼルスにしてもGMにしても大きな決断になるでしょう、エンゼルスファンからは不満や
メディアからもあれこれ言われるでしょう、でもプロとしてそれを乗り越えてほしいのです。
それをしないと結局エンゼルスは優勝争いすらできないままが続くだけでしょう。

移籍するにしても、大谷選手の二刀流の場合、先発ピッチャーと野手どちらもできるよ、という単純な話じゃないところが難しい点。
大谷選手が今の二刀流の継続を希望する限り、獲得するためには先発ピッチャーと野手の枠をそれぞれ確保する必要があるわけで、球団側にとってその両枠が補強ポイントでなければならない。
どちらか片方のみが補強ポイントだけど大谷選手を獲得する、となると、外す必要のなかったもう一方をレギュラーから1人外さなければならず、そうするなら足りない片方だけの選手を獲得しよう、と球団側が思うのは普通であり、球団側からすると、二刀流が成功して認められたからこそ、逆に獲得に手を上げづらくなってる、ということもあるかと。
例えば、先発ピッチャーが欲しいけど大谷選手ならバッターもできるからその分お得、という単純な話ではない。

レンドン、トラウトに予算の半分近く使ってるエンゼルスから出ていくのは大谷がバーゲン価格の契約延長を受けいれない限り既定路線でしょ。
正直今は2年後にどこに大谷が行くのかより、去年ほとんど見れなかったトラウタニコンビが観れる事が楽しみで仕方ない。

投手としてトラウトを討ちとり、打者としてデグロムやコールやシャーザーを打ち込める。それが最高のプレーヤー。
大谷さんはチームが1番になる事も欲していると思うが、自身がトップ選手になりたい気持ちの方が強いと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる