孫オーナー、退任工藤監督労う「7年間で5度の日本一。感謝」

こうした孫オーナーの姿勢は本当に素晴らしいですね。
しっかりと今までの激務に対し敬意を表す姿勢は、他球団のオーナーにも見習って欲しいと思います。

工藤監督、本当にお疲れさまでした。

いやあ、ホークス歴代で最も勝てた監督ではなかろうか。

まあ、一番強かったのは2003年からの幻の三連覇の時期。短期決戦に恐ろしく弱かったけど。

藤本さんが主軸のときは九州での万年Bクラスの時期。頼むから、その頃の野球は継承せず、2003年頃の最強打線と近年の工藤時代の投手陣を組み合わせた理想的なチームにして欲しい。

孫オーナー自ら、こうして足をはオブとはなぁ。
この熱意には、本当に頭が下がります。

と同時に、だからこそ、チームと言い営業と言い、いまのソフトバンクホークスが積極的なんだと、改めて思うね。

チームの勝利と野球と観客のことを本気で考えているソフトバンクホークスと、営業のことしか考えてない日本ハムファイターズ(新庄監督?)。

その姿勢が違いすぎる。

工藤監督お疲れ様でした。
孫オーナー心機一転来シーズンから
ユニホームにFUKUOKAの文字を入れてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる