エンゼルス・大谷 23年オフにFA取得、長期契約かそれとも…交渉不調なら23年中にトレードも

個人的にはエンゼルスに残ってほしいけどエンゼルスが本気で優勝を目指すなら大谷と長期契約結んじゃダメだよね。トレードのタマにするのが1番費用対効果が高い。これ以上の長期契約者を抱えると長期低迷の原因になりかねない。

以前は金額じゃなく二刀流ができる環境とかチームの雰囲気を最優先しそうとかコメントもありましたよね。自分もそんな気もしていた1人でエンゼルスと契約を延長すると思ってました。
しかし冷静に考えれば、大谷本人が二刀流が出来る能力とエンゼルスがその方法示した事で現段階では、大谷を二刀流として起用する球団は多いだろうし、戦力として意外にも物凄く収益性もある。そこへ来て大谷の選手として勝利を望む気持ちが強いと言うコメントでメジャーリーグの多くの球団フロントは大きく騒ついてる事だろうなー。特にアメリカンリーグは。

来季ポストシーズン難しいと判断して、なおかつ延長契約できてないなら、トレードするだろうね。
個人的にトラウトとレンドンの年齢考えたら、来シーズンは勝負の年かと思っている。
トラウトの40歳までの契約は非常に重く、将来的にDHになることも考えると、大谷とも被るしエンゼルスとしても、大谷の代わりに若手有望株2~4人とれるなら悪くないかも。
残った場合でもトラウトとの契約があるから、エンゼルスが常勝軍団になる可能性は低く、大谷自身もワールドシリーズ目指すなら、移籍した方が良いと思う。

二刀流は使いづらそう。他の選手の起用にも影響あるし。他のチームもフロントは欲しがるだろうけど現場はノーサンキューじゃないの。まぁ30球団もあるからエンゼルスと同じように扱ってくれるところも他にもあるだろうけど、二刀流は結局客寄せパンダ的な要素としての扱いになるだろうな。WC目指すならチームの駒に徹しなきゃならない。ピッチャー大谷も中4日で対応出来てその上での二刀流じゃないとチームの勝ちに貢献出来る選手とは言えないし、本当の意味での二刀流とは言えないんじゃないのかな。

大谷選手の契約延長交渉についてのコメントは、「そんなの考えてない。とにかく今は勝ちたい」という気持ちだったのかもしれないが、案の定「勝てるチームに移りたい」と変換されたようだね。実際にはこのシーズンをどうやりきるかしか考えてないと思う。

やはりレッドソックス入りが現状味を帯びてきたね。大谷のかねてからの憧れの球団だし、フェンエィパークは憧れの球場だと語っていたね。ボストンは日本人も多く治安も住環境も良い。そして、何よりもポスト・マルチネスとして大谷を熱望しているからね。ベーブルースの因縁も感じられてヤンキースとの戦いが俄然面白くなるよ。

メジャーでは、契約が切れる前にトレードするのは極普通の事です。
残留交渉が不調に終われば、タダで出て行かれるよりはとトレードします。
残りの契約年数によって価値が変わって来て、契約の残りが少なければ
そのトレードの対価も減ります。つまり、まもなく契約が切れる状態だと
トレードで大した見返りを得られません。
大谷の様に実績を残した選手をトレードで獲得する場合は、その見返りは
基本的にプロスペクトとなりますので、プロスペクトを多く抱える球団が
トレード交渉で有利になります。
LAAから見れば、残留する可能性が低いと見做した時点で、トレードするのが
セオリーでしょう。
今後も低迷する可能性が高いチームなので、大谷の代理人がまともなら
FA市場に出る事を願うでしょうし、簡単に残留するとは思えません。

何処の球団もそうかもしれないが
高額年俸の選挙が数人居て
後の選挙は年俸が抑え気味。
成績が良いから年俸が高いんだけど
年俸の差が有り過ぎてバランスが悪いね。
このままでは大谷やトラウトが
頑張っても優勝は難しいでしょうね。
今年のヤンキースもワイルドカードを
勝ち抜くのもあっぷあっぷですからね。
如何に投打のバランスが大事か。

多分チームは7年350億契約を考えてるでしょ。
若しくは5年250億。グッズ売り上げ広告収入で半分近くは回収できるし、年棒にも保険かけるだろうから。後は来年ピッチャーと中継ぎをどれだけ補強するかだろな。レンドウを年棒の半分持ちでトレード出せれば最高なんだけど。半分負担でも受け入れるチーム無いだろ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる