2カード連続でポストシーズン進出を目指すチームと対戦したことも影響し、露骨なまでの四球攻めにあっています。

2カード連続でポストシーズン進出を目指すチームと対戦したことも影響し、露骨なまでの四球攻めにあっています。ですが過去に例が無いわけではありません。

数が少ないとはいえ、過去50年間でバリー・ボンズ選手とブライス・ハーパー選手が3試合で10四球以上を記録しています。また3試合連続で3四球以上を記録したのも、2003年のボンズ選手以来のようです。

彼らに共通しているのは打線の中で突出した存在であり、対戦チームが後続の打者と勝負した方がリスクを軽減できると考えているからに他なりません。

ちなみに3四球以上連続試合のMLB記録は、1930年のベーブ・ルース選手と1957年のミッキー・マントル選手が記録した4です。ここでもルース選手の記録に絡んでくるのも、何か大谷選手に運命的なものを感じます。

ここまで勝負を避けられるのであれば、いっそこの記録でもルール選手に並ぶことを期待しています。

絶対に負けられない、マリナーズ側からしたら当たり前だろうけど、やはり申告敬遠は悔しい。それでも大谷も、イライラを態度に見せずに、本当にいい仕事してる。

マドン監督、シーズン最後まで大谷を一番にしてくれないかな?
色々、打順変えてきたけど、エンジェルスの今の状況なら一番がチームにも大谷選手自身にも最善だと思うんだけどな、四球や敬遠はポジティブに考えれば、大谷に取っては出塁率や盗塁数やMVPへの心証を上げるチャンスだしね。

逆に楽しくなってきた!この記録も選手にとったらかなりの名誉ですよ。
大谷の選球眼も明らかに向上しています。

マリナーズの作戦勝ち。
結局、大谷を歩かせれば勝てるというのが間違い無いことが実証された試合でした。
同点の場面で敬遠でランナーを出しても勝てるなんてエンゼルスは完全に舐められてます。

1死ランナーなしから歩かせて、結局1死満塁に

ソロホームランで同点の方がマシかなとも思わせたけど、結局1点も取れませんでしたね。

こりゃ敬遠した方が得だわ。

まともに勝負しづらいバッターにまで成長したということは間違いないと思います。そんな中でも腐らずにプレーし続ける姿勢がまた人気を増すと思うので、最後まで頑張ってください。
僕らはずっと応援し続けます!

今日のマリナーズもワイルドカード争ってるし、勝ちたいチームの戦略なら仕方ないと思う。
けど、大谷翔平選手を目当てに観てる側としては、ここまで四球ばっかりだと萎える。

バット振らせてあげてよ…

仕方ないんだろうけどね。
すごいことなんだけどね。
やっぱり勝負がみたいよね。
あと日本人にとらせたくない的な意見あるけど、この記録のほうが
「本塁打王をとらせたくないから相手が逃げた日本人」
として、語り継がれると思うしプライドを損なう可能性があるよね。
イチローのときにどれだけ記録を塗り替えていくんだと思ったけど、四球の記録も大谷は塗り替えたね。

大谷とウォルッシュさえ気をつければいい打線。
アジア人にタイトルとかそんなんじゃなくてマリナーズとしては可能性が目の前にあるチームなんだから勝負したくないだろ。アジア人差別ってよりも大谷が怖くて怖くてしょうがないの方が近いと思うけど。ましてやイチローや菊池雄星だって球団関係者なんだし

結果的に1点差でマリナーズが勝ったので不名誉であっても作戦大成功ってことね。イチローデビュー以来20年ぶりのプレーオフ進出に必死なんだろう。ここまで来ての四球攻めは悔しいけど仕方ない、幸いトップ2人とは本塁打1本差なのでチャンスは少ないかもしれないが、まだ諦めるには早すぎで最後までわからないよ。

大谷は差別されていない。
大谷が脅威だからこそ区別される。

しかし、後に続く打線が大谷レベルとは言わないが、強力であれば区別されることは少なくなる。

結局、大谷を歩かせて勝ててるのは事実。
戦略的に勝ちに行く相手チームは何も悪くない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる