プロになり活躍してお金を稼ぐ事が目標なんだから絶好のタイミングでしょう。

プロになり活躍してお金を稼ぐ事が目標なんだから絶好のタイミングでしょう。
メジャーで4年やってきて成績を上げてるのだから、もっと高い給料要求すればいいと思う。
長く続ければ別のチームに移籍するなんてザラだし遠慮なんか要らないよ。
額や環境に惑わない強い大谷であって欲しいと願う。

チームの状況、今後の年俸を支払っていけるか等考えたら、エンゼルスは厳しい可能性あるでしょう!そうなると、ヤンキースやレッドソックス等の金銭的に豊かで優勝争いできる球団が獲得に動いてくる事はあります。しかし大谷翔平は、それらを蹴ってエンゼルスでプレーしているから、地元愛を貫くこともあるから、難しいところですね!

トラウト。
彼が復帰してくれるかどうかにかかってる。
復帰してくれれば勝ち星も増えるだろうし敬遠も減る。
そしてエンジェルスをワールドチャンピオンにも導ける。
来年、来年がどうなるかでしょう。
ただ、大谷以外のピッチャーの補強をどうにかして欲しい。
彼は年棒どうのこうのいわないでしょ
やりたい野球をさせてくれて強いチーム。
これが彼の唯一の望みだと思う。

お金積まれても環境や本人の都度の考えで出ることも考えるだろうし、金が問題ではないのでは?金で解決にならないと思いますよ。
今の環境やチームは居心地が良さそうだけど、長期契約となると大谷は選ぶかな?そういう先々の安定よりチャレンジ精神や現状楽しむことが優先される気がする。
強いチームで優勝狙うより、チームで強くなって優勝狙いたいって思うタイプな気がしますわ

大谷は野球がやりやすい環境優先で年俸にはあまり興味が無さそうだけど、代理人の思惑もあるだろうしなぁ
仮に怪我で投手が続けられなくる可能性を踏まえたとしても打者の評価だけでもかなりの大型契約になるよね

大谷にそれくらいの価値があるのはわかるが、一人にそれだけの給料払ってもチームが弱ければ意味がないのでは?
今は野球を楽しんでるが、数年後に大谷がワールドシリーズで優勝したいって思ってもこのチームじゃ可能性は殆ど0に近い
チームとして考えた時果たして一人だけに金を使うのが良いことなのだろうか?

シアトルを愛したイチローが2度の更新機会でいずれも残留を選択したが、当然ながら巨額契約。当時のGMのチーム編成も失敗し、チームは低迷。マリナーズ後半のイチローはモチベーションも下がってる印象もあり、何より周りの選手との仲も微妙な感じで見てる方も辛かった。できればエンゼルスに残留してほしいしトラウトのメジャー屈指のコンビはいつまでも見ていたいが、大谷の評価が上がれば上がるほど他の補強に制約ができてチーム強化が思うに任せないジレンマもある。他のチームで違う経験するのもありかも。いずれにしても大谷は今後の自身の二刀流をいつまで続けられるかなどの自身の感触やプランもあるだろうし、二年後のパフォーマンスも未知数なだけにFA前に再契約を決断することはないと思う

メジャー入りの時には実力を示すために二刀流をやらせてくれると信頼する球団に入る必要があったが、今となってはもう新章を始めても良い
活躍が同程度ならヤンキースやレッドソックスの方が大きなストーリーになる
大谷はプレッシャーに弱いタイプでもなさそうなのでリスクを取っても良いと思う

投打ともに結果を残してる今シーズンの活躍から、大谷を欲しい球団はほぼ全て2刀流起用を容認してくれると思う。
本人のパフォーマンスが最大に発揮できる環境がベストだが、それと同時にプレーオフにでるのが当たり前のチームに在籍してもらいたいと思ってしまう

大谷の才能には驚きしかないがこのレベルでの二刀流をいつまで続けることが出来るのかにかかっていると思う。
どんな超人でも必ず衰えはやってくる。
その時に投げるのか打つのかどちらか選ばなければならなくなる。
打者専念ならエンジェルスでもいいが投手としてなら強いチームに行くとこにより勝星が増える。

結果三振になっても、一流投手の全力ストレート対一流打者のフルスイングは見応え十分でしたね。
大谷くんがオフにどんなトレーニングをするのか早くも興味深々です。来年はシーンによってはレベルスイングも取り入れて来るのか、やはりフルシーズンいまのアッパースイングで貫くのか。
トラウトレンドンの復帰後のエンゼルスが待ち遠しい!

個人的には元々大谷選手が希望していた条件に合致していたのがエンゼルスで、今凄く活躍、知名度アップしているから周りがほっとかなくなっただけ。ここまで伸び伸び活躍している姿を今のチームで見たいと思うし、周りの憶測より本人の気持ち次第、応援してます

リアル二刀流は数年間、まあ、30-32歳くらいまでかな、体力的な問題が出てくると思うから、後に数年はリリーフとDH兼外野手、残り数年は打者一本ですればという提案を思いつくけど。40歳くらいまで現役でやると仮定して、先発投手とDHの二刀流は後数年、5年未満かな、が限度だと思うな。

二刀流が、ここまで?うまくハマっているのは、エンゼルス球団や監督の理解によるところも大きい。
仮にヤンキースに行って同じパフォーマンスを発揮できる保証はない。
大谷は金銭はある程度貰えるなら、マネーゲームなど考えていないのでは?
自分のパフォーマンスを発揮できる球団選びになると感じる。

大谷選手にとってエンゼルスは理解のあるチームだし愛着もあると思うが、やはりチームの世界一に貢献したい(世界一が狙えるチームにいたい)とも思う。彼は自信があるから、長期契約に拘らない気がする。二刀流を続ける事を条件に、3-5年の契約でヤンキース、というのもあり得なくは無さそう。
今後のエンゼルスの補強にもよるかな。

エンゼルスは先発をあと3人、中継ぎをあと3人いい選手がいれば、打撃陣はトラウト、大谷、レンドン、ウォルシュ、スタッシがいて若手が育ってるから良い投手の補強を2.3年かけてやれば強いチームになれるでしょう。今強いチームに行っても面白くないと大谷だったら考えるでしょう。投手が整備されてトラウト、レンドンが普通に打てばアストロズに対抗出来るでしょう。

DHのある球団で、自分の自由にさせてくれる球団であればどこでも良い、あまりお金は問題にしないだろう。アメリカに来たのもお金は二の次で自分のやりたいようにできる球団を選択 そのころからは、考えも変わっただろうが、楽しくプレー出来て世界一になることが目標なのだから。そもそもこの調子であればCMだけでも1社億越えなので、お金より、オープンな球団ではつらつとしたプレーを今後も見たい。できれば強いチームで勝ちが付きやすいチームであれば、なお良いが。エンゼルスでは、他で良い投手の獲得できる資金もなさそうだし、

大谷君はお金のことはそこまで考えてないと思う
お金が目当てなら日本でFAになるまで待ってたでしょ
それよりもいい環境と理解あるチームでプレイ出来ることしか考えていないんじゃないのかな

それに200億が300億になってもガッツリ税金で持っていかれるし使い切れないからね

エンゼルスも大谷君に大金を支払っても十分にペイ出来る試算はできているはず
ただあまりにも高額になるとサラリーキャップが引っかかってくることじゃないのか

もう一つの懸念は代理人が暴走することかな

大谷さんは凡人の理解を超えたところで野球を楽しんでいる。
球団の交渉次第では(二刀流の続行を約束してあげれば)年棒は55億円どころか半額以下でも契約可能と思料する。

一方で大谷さんには少し休むことも考えて貰いたい。なぜ監督やトレーナーは「身体のきれ」がなくなっているよと指摘しないのだろうか。

大谷本人はお金じゃないんだと思うが、二刀流を今後どうするかも影響するね、やはり選手生命は短くなってしまうので本人はどう思っているのか?ファンとすれば世界一を争える球団で大活躍する姿が見たいけどね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる