超過密スケジュールが幕開けする。

大本営や首脳陣は建前ではAクラスは諦めてないと言うのはわかりますが、現実的には無理でしょう。
百万歩譲ってAクラス入りしクライマックスに行けたとしましょう。
だからといって今シーズンの与田政権の野球は評価されるものではないし、支持するファン等皆無に等しいでしょう。

今のチームは親会社、フロント、首脳陣、選手の編成から育成といったあらゆる面で他チームから遅れをとっている。
この暗黒期を抜けだすのは容易ではないが、やはりフロントや編成部門といったチームの幹となる所の意識を変えていかないといい方向には向かっていかないだろう。

どうせAクラスは絶望的なんだから
無理をせずに若手を試しながら消化すれば済むだけのこと。
与田とコーチ達に任せるとケガ人が出るぞ。
だからその前に解任すべき。

あきらめずAクラスを目指すのはプロとして当然。
ただ、それは積極的な若手起用で目指すべきでしょう。
ファンはAクラス入りなんて無理だと思っているのだから、それで失敗しても文句は言う人なんてごく少数。
逆にもしそれで成し遂げられたら、来シーズン以降への価値はより大きいものとなる。

ここまで、ファンの気持ちと球団の方向がズレるのも珍しいね。
もはや沈みかかった舟のような球団であることはファンは冷静に理解している。
中日は大改革が必要なんだが、このオーナーじゃあそれは難しいかもね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる