【MLB】前田健太、右肘の手術を受けることが決定

これって永遠の問題なんだろうけど、日本人ピッチャーが向こう行って毎度毎度手術になるのは、メジャーのボールの問題なのか日本時代が問題なのか、それとも両方なのか、全然関係ないのか、その辺をハッキリさせられないのかね?

日本投手のこの手の記事が出ると思い出されるのが黒田投手の頑健な体。ほぼ大きな怪我無くメジャーを終え『それも解雇じゃ無く!』日本球界に復帰引退。黒田投手って本当に凄い投手だった。

さらに年上のバーランダーも手術してるし
時間との戦いではあるけどリハビリ時期は
勤続疲労を癒して投球メカニクス見直せる
ので上手く復帰してほしいな

トミー・ジョン手術だと思うけど、復帰には
時間がかかるからな~ 年齢的にもキツイかも?
復帰以降の条件によっては NPBに戻るのも
いいんじゃないかな?勿論カープね。]

今まで年俸以上の働きをしてきたんやから、きっちり治るまで、じっくりじっくり治して下さい。契約満了する前の年の後半に結果残せるように頑張って下さい。

マエケンも、はや33歳か。
ルーキー時代から見て来てるので、時の流れを感じました。

実質、本格的に復帰出来るのは再来年あたりが現実的ですかね。
モデルチェンジも余儀なくされるかも知れませんが、元々クレバーで投球術が素晴らしいのでまだまだやれると思います。
キャリア終盤は是非カープに戻ってカープ投手陣に財産を残して欲しいなと思っています。

トミー・ジョンなら今季中とかいう問題ではないね。
年齢的に次の契約がとれるのかまで考えてしまう。
マエケンには一回は大きな契約とってほしいところだけど。

投手を長年やっていれば手術になることは、少なくないことだと思う。
だけど、やっぱりメジャーのボールは変えた方がいいかな。
滑りやすいボールで制球しながら変化球を投げるわけだから、肘の負担は大きいと思う。

良質なボールで投手の肘を守れ。
負荷も大きいんだろうが、日本の投手が肘を壊すのはメジャーに行ってからばかり。
その原因が滑りやすい球と、スプリット変化球。コントロールに強い力を要するのだろう。
怪我をすることで上達するとも言えるが代償は痛い。

ペドロ・マルチネスが言ってました。
日本の投手はよくスプリットを投げる。あれは、肘をとても痛める。
何故ならメジャーのボールは滑るから、日本の球以上に強く指を挟む必要が
あるからと。大谷も、できればスプリットの代わりにチェンジアップを覚えた方が
いいと言ってましたよ。

もともとメジャーに行くとき肘か肩か問題があると言われていたな
それが出てしまったのだろうか?
いずれにしてもメジャーの投手もそうだが、とりわけ日本の投手は手術の割合が高い
これって何なんだろうな
ボールなのか、プレートの堅さなのか、登板間隔なのか

これはもう、中高で投げすぎたからではなく、皆、ある程度の年齢でメジャーに行っているのに、結果を出そうと新人のように無理な力やリキみが入ってヒジなどに負担をかけてしまう。

ボールも少し大きくなっていることも影響があるかも知れない。

身体も若い時のようには修復しないから、壊してしまうのです。

復活への道のりは大変だろうが頑張ってほしい。以前から田中と甲乙つけがたいと思っていた投手。ボール問題等も影響したのかもしれない。その意味では田中もメジャーに残っていたら同様な状況に陥っていたかもしれない。本意ではなかったかもしれないが、日本に帰ってきてよかったのかもしれない。無援護が続き勝ち星は上がらないが、防御率、WHIP、QS率等みると流石のピッチングを見せている。

この様に手術が多いのにMLBはボールの変更すら検討していないのでしょうか?明らかに投球の際に滑りやすいから余計な負担が原因と思います。特に日本人選手は使い慣れないボールの負担が大きいのではとも思うし、事実オリンピックでは他国の選手は日本のボールの方が良いと話している。MLBのボールは中国製らしいので、今なら日本製を売り込む良い機会でも有ると思うがメーカーの一層の努力に期待したい。採用されればいちいち滑り止めのチェックも不要になるし良いとこだらけと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる