木下雄介の魂はずっと生き続ける

ワクチン接種を受けてからトレーニングを開始したのがいつなのか記載がない。
そこが重要。
一般的にワクチン接種当日は激しい運動は控えるのは当然で、
コロナワクチンに関しては、企業でも次の日は副反応が出た場合は、休める会社も多い。
経緯をはっきりさせないと、みんなが不安になるのは当然。

中日はその辺の告知がきっちりできていたのでしょうか?
しっかり説明しないと。

1回目打ちましたけど、肩が痛く、その日寝れなかったです···。
次の日、体がだるく、しんどかったので、早退しました。
来週2回目打ちますけど、周りから色々話聞きますけど、正直不安でしかないです···。
個人差は、あるのでしょうけど···。

本当に残念だし気の毒だ。田中将も副反応でオールスターを欠場した。若く健康で免疫力が強いと副反応も強く出る。こういう人にワクチンは要らないのでは?

当初からワクチンに対する不安はあり、国側もワクチン接種で亡くなった場合は補償する等アピールしていたが、ほとんど因果関係が認められず補償に至っていないのでは?
接種翌日に亡くなっても因果関係不明で片付けられているケースもあったが、それまで健康だった人が突然亡くなったら関係性を認めるべき。
民間でも大企業ほど半ば強制的にワクチン接種しているので、リスクだけ接種側に背負わされるやり方はどうかと感じる。

存在が明らかになって2年に満たない未知のウイルスと急ピッチで開発し特例承認したワクチン。因果関係なんていつわかる?わかる頃にはコロナにかかって死んでいたりして。何が正しい選択かははっきりわからない現状、何を信用して何を選択するのか自己責任だろうな。みんなが命を賭した判断をしていると思う。

怪我の手術の時に全身状態を検査してるから
心臓に異常はなかったはずだ。それが心肺停止。
ワクチンの有効性だけではなくリスクも広めて
いかなければならないと思う。
肺炎もなぜ急に悪化するのか把握してるはず。
それを公表せず隠蔽しても今はそういう時代
ではない。

会社の職域接種会場でも接種後の待機場で急に椅子から崩れ落ちて搬送された人が出たと聞いた。
異変が起きた時に既に心肺停止って怖いよね。

接種後の副反応の発熱症状の結構体験者から聞くといくら副反応だと分かっていても38度から40度近くまで上がるって人によっては辛いと思う。
ビビりの自分からすると恐怖でしかない…

私もワクチンの事を医者にしつこく聞きましたが「人それぞれとしか言えない」と言われました。合う人、合わない人、まさにそれぞれ。ほとんどの人は少し腫れたり、熱が出たりくらいで死ぬようなことはあり得ない。死ぬなんてのは宝くじの一等に当たるようなものですよ。でもいつ当たるか分からないから怖いですよね。

ワクチンを接種する事が正義みたいな風潮がメディアにはある。ワクチン接種に不安があり打たない選択肢も陰謀論だとか、デマだとか打たない人がおかしいみたいに言ってるが、陰謀論やデマを信じてる訳ではなくまだまだ、治験不十分のワクチンを体に入れる事への抵抗と、政府や医療機関のワクチンに対する最初のコメントが少しずつ変わって来てて信用ならない。木下選手の事も因果関係不明で結論づけられて、もしも、打たなかったら今も生きていたのではと思えてならない。ワクチンは任意なんだから、打つ、打たないは本人の権利だという事を徹底して欲しい。打ちたくないのに打たないといけないという同調圧力が職域接種にはある。結局ワクチン打っても感染するし他人に感染させる事もわかってきた。ただ重症化しないだけ。

来年二人目が生まれる嫁さんを持つ自分だが、まだワクチン接種はしていない。正直不安しかない。
確かに接種しなければいけないんだろうが、もし万が一のことがあったら残された家族は誰が守るのか?
お金の問題だけじゃなく、精神的なこともある。
因果関係云々いう政府に残された家族を保証するつもりはないだろうし。
正直ワクチン接種するしないは本人の自由。
大切なのは一人一人が感染しないための行動をすることが重要。

うやむやにしてはいけないのではないか、選手が不安になるのも当然のこと。
報道されている様に、木下投手が接種直前の検査で不整脈があったのなら
ワクチン接種が直接の原因で無くとも、誘発した恐れもある。

特にスポーツ選手のワクチン接種の場合、接種前の検査を徹底し
結果によれば大事を取って、接種を止めるぐらいの慎重な判断をして欲しい。

もはや高熱出ることが当たり前、解熱剤準備しておくことが普通みたいになってるけど、よくよく考えるとおかしい。39度以上の熱だと、体への負担が尋常じゃないよね。

若者に関しては、コロナに感染して死ぬよりもワクチンを打って死ぬ確率の方が高いんじゃないかと思えてきた…周りの様子をみて打つか打たないか決めようと思う…

接種しても当日15〜30分の様子見して何もなければそのまま勤務に戻るよういわれている。
この時間だけではなんともいえないだろう。
まだまだ経過や反応等未知のワクチンを接種しているわけだからもう少し勤労者には休日をきちんと与えてほしい。接種当日と後一両日への配慮は必要。無理しないにこしたことはない。

この件、中日球団社長は「家族の意向」との理由で亡くなった事実以外をほとんど話していないのだが、ワクチン摂取から亡くなるまでの球団としての管理状況は世間に説明する必要があると思う。接種後の練習開始時期については個々の選手に任せたのなら、それで良いから言って欲しい。そもそもワクチンメーカーはハッキリとした指針は示していないから国によっても様々だから。
それ以上の既往歴などのプライバシーは知りたくは無い。
今はそっとしておいて欲しいと言う遺族の立場を利用して球団運営責任者が口を閉ざしていては亡くなった木下さんが浮かばれない。

デーブ大久保さんが、「彼はリハビリ中だったのでハードな練習はしていない」と断言されていました。木下投手の身の潔白を証言してくださった大久保さんに感謝です。

以前にも同じコメントを書き込みました。知り合い二人が接種後、心筋梗塞になりました。二人とも幸い命に別状なくホッとしましたが、「わからない」ことは因果関係なしとして当然のように表には出ていません。これが現実です。それぞれに事情があるのはわかりますけれども、接種を迷っている方には全力で止めたい気持ちです。

ご遺族の意向も汲み取るべきですが、それでもこのご時世だし、ワクチンとの因果関係を究明して世間に公表してほしいとは思っちゃうよね…。ワクチンを忌避する動きに拍車をかけるショッキングなニュースと言えよう。
彼の身に一体何が起きたのかそれが知りたい。

米国には1980年頃建てられたジョージアガイドストーンと言うモニュメントがある。
今後の新地球を目指す上で必ず成し遂げると掲げた題材があり、
そこに8カ国語で刻まれた内容の一つに世界で10億近い人間を減らす事とある。
当初コロナがそれと見られてましたが、あまりにも不確実な為、対するワクチン等で体裁や既成事実が作れて仕方なしと言う大義も絡み確実に仕留める事が可能な展開を現在作り出しました。
そんな筈ないと言う方は国が定めた指針や死亡時の補填などが今日まで一切認められない事実がある事にお気付きでしょうか?
作り事でこんな長文書きません。
私の友人も先日亡くなりましたよ。
ワクチン打って8日目でした。
一人っ子でしたから親御さんお葬式では永遠泣いてました。
因果関係は無いと医者に言わせ、ワクチンの製薬会社と国と全て繋がっていると感じます。
陰謀論では無く現実で起きているのを認識して下さい。

木下投手にはお悔やみ申し上げます。苦難続きの中で復活を目指し挑戦している中で大変無念だと思います。
政府批判にもなりますがワクチン担当大臣はコロナワクチンで亡くなった方はいないと明言しました。しかし現在報告があるだけで900人を超える方がワクチン接種後に倒れお亡くなりになられたと報告されています。もちろん普通に生活していればお亡くなりになる事もあるでしょう。ただ不自然に感じるのはワクチンって重症者化を防ぐ目的があるんですよね?日本ではコロナで亡くなった20代の方は7人、ワクチン接種後に亡くなられた20代の方は先日の厚労省発表で7人、木下投手も入れたら8人目。
ワクチン接種後に亡くなられた方の方が多くなってしまった。ほとんど悪くならない20代がワクチンを打って重篤化する。不思議でたまりません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる