侍ジャパン頑張れ!12時開幕

戦術的にももちろんだけど柳田の打席を多く見たいって理由もあるし上位に置いてほしい
こんなに打席に価値がある選手って今のプロ野球になかなかいない

皆んなが納得するスタメン、打順、先発、采配をするのは難しい。だから何年も前から代表監督に稲葉にしてオリンピックのために準備をしてきたと思う。私も野球ファンだから戦術に思うところはあるけど、稲葉の思うようにして欲しい。メディアや外部の声に惑わされるのだけはやめてほしい。

柳田の体調を考慮して6番に置いただけでは。
1試合のみで柳田6番説は無理があるだろう。
4番鈴木不動なら、柳田はやはり3番だろう。
5番吉田、6番浅村、7番村上が面白いと思うが。

正直この前のスタメンの山田、坂本、吉田、鈴木、浅村、柳田の6人は実績のある超一流の選手、だから調子の良い選手で毎日入れ替えてもいい気がする。例えば前回は柳田良かったから次は鈴木と打順変更とか。
柳田ずっと調子いいのに6番で、例えば鈴木が調子悪いのにずっと4番とかはやめてほしいなー。

阪神時代、セシル・フィルダーが6番打者でしたね。「スイーパー(掃除屋)」として塁に残るクリーンアップを返す役割だと、当時のデイリーだったかサンスポだったかが書いてました。クリーンアップは足が速いとは限らないから長打で還さなきゃならないから6番、という理屈だったように覚えてます。柳田なら長打はありますから、6番としては向いていると思います。他国にプレッシャーを与える打者が、クリーンアップ後に来るのは、気を抜かせず心を疲れさせるという面ではありかな、と。もちろん調子が上向けば、クリーンアップと打順を入れ替えるのもあると思います。みんな走れますから6番も誠也のように単打も多い打者でも良いわけですから。

正直村上までは誰が来ても一発あるし悩ましいけど柳田6番には驚いたのは事実です状態もあるかもしれないけど次から入れ替える可能性もあるんじゃないですかね稲葉監督が決めているのは4番鈴木だけだと思います。対戦した事もある投手も出てくる事もあるし短期なら相性も必要ですし.1番山田は事前合宿で期待させる結果を出して調子をあげてた可能性もあるし…正直監督、コーチ陣にしかわからないですよね、ただこの前の打線は個人的には好きです1234番が変則的に2つ山田から鈴木と鈴木から村上の2つ楽しめる。ただこの前ので例えると村上までワクワクでしかないし贅沢、個人的には菊地も調子良さそうですし好きです。

起用法、打順はある程度固定しつつも、コンディション不良もあったから今は6番でいいと思う。ベストなら2番。打順をいじくるのなら浅村は7、8番あたりまで思い切って下げても良いと思うけどなあ。
敗戦即敗退ではない変則トーナメントだけど、国際大会は振れてる選手を極端でもいいから上位に据えるのが得策だと思う。打てなければ下位、ベンチにまわってもらうだけ。

俺は2番柳田が良いと思う!…が、2番坂本と優劣つけるのはとても難しい。正解不正解は試合の結果で初めて分かる。
いずれにせよ、1野球ファンとしてはゴージャスな悩みだと思うよ。特に自分の贔屓チームが極貧打なだけに!次の試合も勝利を届けて欲しい!

6番は打線のキーになるのは違いない
が、稲葉の描く柳田起用は多分1、2、3番
次はその何処かに入れてくるだろう
しかし柳田は無理して無いだろうか心配
以前の川崎みたいに怪我を推して出場して終わったら長期離脱とかなりかねない

起用法、打順はある程度固定しつつも、コンディション不良もあったから今は6番でいいと思う。ベストなら2番。打順をいじくるのなら浅村は7、8番あたりまで思い切って下げても良いと思うけどなあ。
敗戦即敗退ではない変則トーナメントだけど、国際大会は振れてる選手を極端でもいいから上位に据えるのが得策だと思う。打てなければ下位、ベンチにまわってもらうだけ。

柳田選手はなんでもできる打者。ヒットもホームランもあるし、走れる選手。だから、個人的には打席のよく回る1番、2番などの上位打線で活躍してほしいと思います。

個人的にはペナントレースを見てきた限りでは3番が1番輝くと思うけど、6番にいてもギータは活躍し貢献してくれます。 
故障箇所に全く問題無ければ走攻守高いレベルの選手ですから、どこに置くか迷いますね。

阪神ファンなので日頃SoftBankの試合あまりみませんが、それでも柳田のスーパースターぶりは実力、容姿、言動、雰囲気すべての面においてプロ野球界で抜けてると思う。4番にしっかり据えるべきやとおもうけどな~

4番の鈴木誠也がもう少し良かった時に近づけていれば、柳田の6番も生きてくるとは思うけど。
今の鈴木の調子だと4番で一旦切れるので、柳田を上位で使ってもあまり変わらないのかなって思います。
物足りなさを感じますね。

個人的に柳田には一番か二番に立ってほしい
柳田の最大の武器は高い出塁率と長打力
短期決戦は先手を取れることが大きすぎるアドバンテージになるし、初回から点を取れる打順に立たせてほしい

直前にわき腹を痛めましたからね。負担のことを考慮しての打順だと思います。そういう配慮での打順だとしても6番ギータは敵にとって恐怖であろうし、前を打つクリーンアップの打者たちにとっても頼もしい存在であることに間違いないと思います。だいたい、村上に8番を打たせられるこの打線、ゴージャスですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる