日ハム中田をとっちゃえば

ハムは、野手では横浜勢に王に五十幡、
投手では伊藤に池田に立野、中継ぎ転向の河野と、若手や新戦力の台頭はかなり充実してた。
問題は野手投手ともにベテラン勢がほとんど機能しなかったこと。
一番マシな近藤も例年より明らかに成績を落としてるので、野手に関してはほぼ二軍の戦力で戦ってたと言っても過言では無い。

日本ハムは中田、大田等の主軸が疲労困憊で倒れてしまったのが痛すぎた。
現状長打に期待できる野手がほぼ居ない。
今年はどの球団も去年主力で頑張った選手が悉く不調だが特にそれらに依存しすぎた日ハムが大きく影響を受けた形。

ファイターズファンだが、誤算は中田だけではない。
一向に調子が上がらない大田をはじめメジャー挑戦失敗が態度に出ている西川、
昨年直球破壊王と言われながら、今年はその直球で空振りが目立つ渡邊など。
特に彼は守備も酷くなっているし。
ムードメーカー杉谷は調子云々より起用法に問題があって調子を崩した感じがするし。
何より最も大きな誤算は10年目の監督だろう。これが全て!

中田にしろ宮西にしろ、不調が長引くのは選手のバイオリズムとして百歩譲って仕方ないにしても、問題は首脳陣の見切りの悪さだよね。不振なら不振で、ずるずる使ってないで早めに手を打てば良かったのに、と思う。

まして玉井に至っては手術明けでろくに調整もさせないで使い続けて、大事な場面も預けて試合落とすし…

中田はキャンプ総括ではっきりとクソと自己評価してましたが、まさか前半の結果もそのとおりになるとは夢にも思いませんでした。

自己評価が正しくできるという点では評価したいですが、それをなんとかしてもらわないと困ります。

まぁ、最早日ハムは今シーズンBクラス安定なので、今シーズンまるっと調整して来シーズン打ちまくってください。

ハムは中田だけの問題じゃねーわ
そもそも守備ご酷すぎる、
守備に不調はないっていうけど、つまりは練習不足
守備が下手なチームは絶対に上位にはいかない

2軍戦を見たけど、大田は未だに下半身がぐらぐらしており、流し打ちは対応できるが引っ張る打球はほとんど浮かないで転がってしまう。中田は構えた時のバットのヘッドの位置が低くアッバースィングで内野のポップフライが多い。結果が出ないときの中田はいつも下からすくい上げる様に力いっぱい振り回すがあれだけ脇を空けて打っていては強い打球は飛ばないだろう。昨年までの中田と大田は悪い癖が出てきても修正出来ていた様に思える。2人とも長打を打つ事に関しては長けているが、今の時代は自分の現在の打つときのフォームを確認するのは容易だと思うが、良い時と比べ現在の状態が悪い事を指摘できる有能な打撃コーチがいないのではないだろうか?小笠原あたりはこのベテラン2人とちゃんと向き合ってコーチングしただろうか?中田は去年は選球眼がよく四球もかなり選んでいたが、今までにない位前のめりになって振り出しが早すぎるのが非常に気になる。

ファイターズの中田翔のこの様はさすがに予想してませんでした。今年は有原の穴と杉浦の登板過多とリリーバーの過渡期で投手陣の方が苦しいと思ってました。サードの野村とセカンド渡邉の成長でなんとかAクラスとか思ってた自分が恥ずかしい。

日本ハムは中田翔に目をつけられがちですが
彼だけではないことがチーム最下位の原因です。
前年レギュラー張っていた選手たちが
揃いも揃って不調の並に陥る現状。
春先明けから調子を戻す傾向はあったが
特に今年はひどい。

最近は栗山監督が少しずつ期待の若手を使ってくれているので
得点が増えるようにはなってるので
今年の一軍メンバーのデフォルトが
ようやく定まってきてると思います。
もちろん、二軍の様子も見て調子のいい選手が
いればどんどん使ってあげましょう!

厳しい扱いにはなると思うけど
ベテランの人たちはたとえ調子が良くなったとしても、代打代走守備固めでいいでしょう。
若手が疲れた時はスタメンで出てあげて
これからのチームの礎になってください。

ファイターズの不調は中田のファイターズではない。数年前からのぬるま湯負け犬体質が変わっていないだけ。栗山監督のお気に入り選手起用の真価を発揮して断トツの最下位を達成した。これで選手の年俸抑えて新球場へ資金を回せる長期計画でしょ。

中田翔ひとりのチームであるかのようにしてしまったのは栗山さんの責任。
中田頼みも度が過ぎているとずっと思ってた。
去年はタイトルこそひとつ獲ったが、他のチームの四番と比べると圧倒的に数字が低い。
もう4、5年栗山さんが早く辞めてたらファイターズは今より確実に強いチームだったと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる