一番ホッとしているのは阿部本人なのでは?

一番ホッとしているのは阿部本人なのでは?

 

 

一番ホッとしているのは阿部本人なのでは?最近は顔つきも弱弱しかったし、ましてやチャンスではおどおどしているようにしか見えなかった。打てる球を見逃した時も全く余裕がなく、「しまった!」という表情。あれでは相手バッテリーに完全に手玉に取られるよ。
まだ他にも2軍調整が必要な選手いますよね。井領もメッキが剝がれてきたし、根尾はラッキーヒットがやっと出ただけ、武田もどうしようもない・・・福田は使い続けないとダメなタイプだし、やはり一発を相手も警戒してくれるので一軍には必要かと。桂が今年はようやく目覚めたようなのは嬉しい誤算。
さあ、カード負け越しだけは避けて残りを頑張れ!

 

 

遅すぎる。
これが与田が無能と言われる一要素の「決断できない病」
調子が悪い選手に対してテコ入れを図るようなことは一切なく、基本的には「去年活躍したから今年もやってくれるでしょ」的なお祈り起用。京田もそうだったが、もうどうにもならないところまできてようやく入れ替えをしだす。この与田の決断・判断の遅さが3年連続中日のスロースタートを招いていると言っても過言ではない。今年は過去2年に比べたらマシという意見も出て来そうだが、それは投手陣のとんでもない頑張りによるもの。野手陣は平田阿部京田福田を筆頭に足を引っ張り続けている選手にいつまでも見切りがつけられなかったことが12球団でブッチ切りの貧打線を生み出したといっても過言では

 

 

 

遅すぎ。 よくここまで1軍に置いといたよ。 たまにヒット打つと復調しつつあるとか言って引き延ばした首脳陣の見切りを悪さが原因。 溝脇は調子のいい時にもっと早く上げていれば いまのような結果になっていなかったかもしれない。仮にだめでも、それはそれで皆納得するはず。

 

 

 

京田もそうだっけど結果的に落とすんだったら、
帯同して復調させるという考えが誤りなんだよ。
皆さんが言うように決断が遅い。と言われても仕方がない。
でもまあ、二軍から上げる内野手もいないか

 

 

 

与田監督は頑固と言うより、人情家なんだろうな。自分が使い始めた選手で結果を出した選手へは何かと手厚い。「いつか、その内いつかやってくれる」との思いがあるのではないか。
しかし、それでは勝負師とは言えない。監督ともなれば非情にならなければならない時もある。単に見極めができない人との評価しかあたえられない。
誰が上がってくるのだろうか?。京田・石垣・土田。溝脇の様にすぐに結果が出ないからといって起用しないのはヤメてほしい。
マスターの力が必要な時が来るかもしれない。くさらずに二軍で自分を見直して、這い上がってこい!。

 

 

編成が悪いのでしょう。シーズンを通してみるとケガや故障そして不振もあるでしょう。その時に代わりの選手が出てきてチャンスをものにしてくれたらいいが、新陳代謝が悪く、二軍で上り調子の選手をすぐに上げず調子を落としてから登録しているように感じる。おそらく二軍の選手は今年このまま成績不振で首脳陣交代を願望しているではないか。ファンもそう願っているでしょう。それにしても打てる新戦力出てこないなぁ。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる