荒木とイップス

荒木とイップス

 

名球会入りした中では最もホームランの少ない選手なんじゃないかな?
荒木は怪我が少なかったし、長年レギュラーで出られたからこそ2000本安打を達成出来たんだと思う。
出来れば井端と揃って二遊間コンビで名球会入りして欲しかったね。

 

 

 

他の選手は練習が辛くて脱落していく中、荒木だけは落合監督が「もうそのぐらいにしとけ」とストップをかけた唯一の選手らしいからね
今のドラゴンズもいい素材はいっぱいいるんだからもっともっと練習して強くなってほしい

 

 

今でこそ押しも押されぬレジェンドとして扱われますが、現役時代は全盛期でさえファンから「チャンスでポップフライの荒木」、「1番の癖に出塁率が悪い」、「アライバの名声は井端のお陰」と批判されることも少なくありませんでした
荒木の凄さが本当にファンに浸透したのは、球団史上初の連覇を達成した2011年に、首位だったヤクルトを猛追した時に見せた神走塁、「空を飛ぶヘッドスライディング」と言われたあの走塁を見せてからのように思います
現役最後まで絶え間ない努力を続けた選手だからこそ、最終的に周囲の見る目を変えることができたのだと思います

 

 

あの落合博満が個人名を挙げて褒め称えた名選手。
足が長くてグラウンドを駆ける姿とスライディングは芸術的でした。
そして、努力家。
あの頃が懐かしいよ。強くなってよ、ドラゴンズ…!!

 

 

 

情けないことに、私は荒木さんのイップスを少し前に知った。中日ファンなのに……すみません。少し前のイップス記事、ショックだったしコメントを打ち込んでる今も泣けてくる。
荒木さんの人柄も改めて認識できる記事……ありがとうございました。荒木さんには、イップスに苦しむ全ての野球選手の道標になって欲しいと思います。これからも野球界を盛り上げていただきたい。

 

 

 

 

星野が荒木を誰が獲ってきたんだみたいに言ったと言う話は聞いたことがあるけど
マサも同じ感想だったんだな
弛まぬ努力で一流選手になった荒木は素晴らしい

 

 

 

今でも、日本シリーズのMVPは荒木さんだと思っています。確かにノリさんは打点が多かったけど、荒木さんの初球ヒット&初球盗塁、井端さんの内野安打で三進など、シリーズの流れを完全に支配した。完全試合の最後の打球処理も難しかった。日本シリーズのMVPは荒木さん!

 

 

 

 

他のOBのコメントで、ドラフト1位だからどんな風だか見ていたら、外野には全く飛ばないしとかコメントしていたのを思い出しました。2000本安打を打った選手の中でも、2000試合以上記録達成に要した選手も数少なく、それだけケガや故障はなく長くレギュラーをやれた証かと思います。

 

 

 

 

よく名選手ほど陰では人の何倍も連絡していると聞きますが、荒木の場合陰だけでなく何処でも練習していましたよね。
球場に足を運ぶ機会が何度かあったが、ホームだからなかなかドラゴンズの選手の練習見る事が少なかったですが、荒木だけは見る事が出来ました。
そんな苦労があるから今があるんでしょうね。
間違い無くいい指導者として若手を育てて下さい。

 

 

 

相手がイップスだろうとなかろうと全力疾走するのは当然で、荒木はそれを実践してきたと思う。ただし、走る走らないの判断に相手のイップスを考慮しないというのは納得できない。中日の選手には、相手がイップスなら、迷ったら走ってほしい。イップスだから走った!おおいにけっこうじゃないですか。
肩が弱いのもイップスなのも同じこと。弱点がわかっているならそこを攻めるのがプロだし、情けをかけることの方が相手に失礼だと思う。交流戦が終わり、来週はホームでの阪神戦があります。阪神の青柳は、ショートスローのイップスでしょ!?青柳の時はもっとバントを多用すべきだと思う。それすらしなくて負けるなんて納得いかない。
横綱相撲でホームラン打って勝ってくれるなら戦術に文句はつけないがそれができていないのだから。
荒木が変な価値観を選手に押し付けないように、福留あたりがセーフティバントをやってほしい。それを見て高松も続け!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる