交流戦に貯金2つ 後半戦どうなる

交流戦に貯金2つ 後半戦どうなる

 

チャンスで一本と期待してベンチで見てるだけという采配でなくて、一本でなくても得点するという采配を見せてください。
昨日も直倫タイムリーツーベースまでは負けてるので打たせるのは良いのですが、そこからは勝ち越すために1点取りに行かないとダメですよ。
投手起用も謎でしたし、采配ミスで負けた試合と思ってます。

 

 

 

でも、せっかく2番でいい働きをしてる直倫選手を6番にしたり、守備がしっかりしてるのにビシエド選手をDHにしたり、ファンからしたら不可解な采配が多かった交流戦でした。
もっと監督の采配がしっかりしてれば交流戦も優勝できたのでは、と思いました。

 

 

 

 

選手を庇ったり、~できるようになったという、達観したようなかっこつけた発言が多いですが、小学生チームの監督ですか?

発言に中身や気持ちが入ってないことは見抜かれてますよ。

ただ一つ共通して言えるのは、自分の采配が悪かったとは絶対に言わないこと。
そこは反省しないんですね。

5割に皆さんほどこだわりないというコメントが、いまだに許せずにいます。

 

 

 

防御率1位の年は過去10回ありますが、最低順位は昭和32年の3位が最低記録。落合監督の時代に防御率一位だった年は4回あり、全部優勝しています。
2011年はチーム打率.228でも優勝しています。
中間成績とはいえ防御率トップで4位ってなかなか珍しいことで、采配に問題があるといえるのでは。

 

 

 

 

あのシーンは
「福谷が投げきる」
「栗山の時点で代える」
「塁を賑わせて代える」
の3択だった

ただ栗山だろうが呉だろうが
当てるべき選手を間違えた
前日2イニング投げたとは言えその前は2日休みの橋本、もしくは谷元で良かった

福は2日前に呉に粘られてやられてる
呉は福の球が見えてたことを考慮してない

 

 

 

本当にそう思ってるんだったら今すぐ監督を辞めたらいい。
監督の采配で落とした試合が相当ある。
そちらをまず反省してもらいたい。

 

 

チャンスで1本なんてそんなに出ていない。与田監督自ら言っているように、たまたま出たホームランで勝てたことが結構あったし、平均得点が交流戦でちょっと上がったのもホームランが増えたからだろう。チャンスを生かせないのは相変わらずだったよ。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる