ぼちぼち一軍いきそうです

ぼちぼち一軍いきそうです

 

目次

即戦力ルーキー

ドラフト2位の森

 

 

150kmを投げる投手

去年の日本シリーズでパリーグの球速が話題になったが
中日の場合。
150kmを投げる投手が1軍にも2軍にもたくさんいる。

柳のように多彩な球を投げる投手も居れば
橋本のような切れ味抜群の変化球を投げる投手もいる。

与田-阿波野コンビの投手育成は非常に上手くいっているし
門倉もよくやっていたと思う。

問題は打線、伊東や栗原はなんで続投だったのか?それが疑問。

 

 

徐々に頭角

徐々に頭角を現してきた感じだ。ハズレではなさそうで良かった笑
夏場以降、今のリリーフ陣がへばってきたところで救世主になるかもしれないね。

 

 

 

あとは打線だけだよ!

上原さんも、ラミレス(ラミちゃん)さんも、みんな、中日の場合、あとは打線だけだよ!と言ってる。もう投手力は第二次高木、谷繁、森繁政権に比べたら格段に良い。だが野球は点取りゲームで、これ以上投手力に力を入れても、ここまでが限界。もういい加減、目を背けないで、野手陣の選手層の強化等に力を入れないと。先ず、2021ドラフトは是非とも野手に比重を置いて貰いたい。2020ドラ1の宏斗君の場合、甲子園中止や、進路決定の経緯等、彼にとっては不謹慎かもしれないが、中日にとっての幾つもの幸運や偶然が重なって一本釣りに成功したが、今年のドラフトで畔柳君も同様に行けるとは考えにくい。地元なら岐阜第一の阪口君とかも大いに有りだと思う。

 

 

ドラフト2位

森君長いイニング投げるようになってから調子良いね。先発向きなんじゃないのかな。他球団のルーキーに負けてられない。ドラフト2位で期待は大きい。

 

 

 

逸材

元々、ドラフト1位にも名前が上がってたぐらいの逸材ですからね。地味な感じは受けますがね。

 

 

今年の橋本が良い例

森も後半から来年にかけて出て来てくれれば投手陣の厚みが増すってモノ。がんばりやー。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる