Twitterはこちら

「じん帯断裂」の重傷だったハンカチどうなる

他球団
日本ハム・斎藤 「右肘じん帯断裂」の重傷だった ファンに恩返しへ「何とか復帰したい」

「じん帯断裂」の重傷だったハンカチどうなる

現在は懸命にリハビリ中で「これまでにファンの方々から受けた恩を返すため何とか復帰したい」と心境を語った

 

 

2019年の斎藤佑樹投手は、近年ではもっとも力のあるボールを投げていた印象があります。右肘靭帯断裂の重傷を受けても球団が契約をした要因は、斎藤投手の神通力に期待するだけでなく、故障前のボールに可能性を見出したからではないでしょうか。

以前にインタビューした際には、2012年に肩を故障して以来、自分の体が言うことを聞いてくれないもどかしさを語っていたこともありました。また、毎年戦力外通告を受ける覚悟を持ってプレーしていることも穏やかな口調で語ってくれました。

世間から猛烈なバッシングを浴び、ボロボロになっても投げ続ける。なぜ、ここまでして続けるのか。斎藤投手は言いました。

「コツをつかむチャンスをものにする。その瞬間のために準備をしておくしかないと思うので。あとは我慢ですね」

かつて斎藤投手の投球に魅了された一人の野球ファンとして、早く肘が癒え「その瞬間」が訪れることを祈ります。

 

 

 

「これまでにファンの方々から受けた恩を返すため何とか復帰したい」
この言葉は聞こえがいいが、ヒジの内側側副靭帯を断裂という重症は、本来なら再建手術を受け、育成契約になってリハビリに励むものだろう。それを支配下登録のまま完治するかわからない治療法で復帰を目指すという。まるで、通算200勝を目前としているベテランのような待遇だ。実力社会だとファンが信じているプロ野球の世界で、斎藤佑樹がこうした厚遇にあり、その間に何名もの“元気な”選手がユニフォームを脱いでいく。そのことに、ファンは何とも言えない心情になっているのだ。北海道日本ハムや斎藤は、ヒジの状態がどうだとか、どうやって復帰を目指すという情報を出すことはないのではないか。誰に何と言われようと、黙々と復帰を目指す。それでいいと思う。取材なんて受けている時間はないのだから。

 

 

 

 

こんなに重症だったのは知りませんでした。本来であれば靭帯の再建手術をする方向だと思いますが、来年のシーズンに間に合わないという事での本人と球団の決断かと思います。
一つだけ気になっていたのは、下半身との連動が上手く行かずに上半身で目一杯投げていたので肘にも負担がきてしまったのかと思います。
このリハビリ期間は肘をしっかり治す事は勿論の事、下半身をしっかりと使えるように時間を費やす事も大事なのではないかと思います。
早く目一杯腕を振って投げる姿を見たいですね!
頑張れ背番号1番!

 

 

 

 

 

それならば尚更引退してほしかった。
アンチ斎藤佑樹ではないがもう十分頑張ったと思うよ。
プロでは成功しなかったがアマチュア時代は凄かったじゃないか。
それだけでも立派。
来季も現役なのはファイターズが契約したわけだから仕方ないが100歩譲って育成契約にすべきだったと思う。

 

 

 

 

これは……プロとしてやっていくのは難しいのではないですか?

復活という言葉が良く斎藤佑樹の記事の時出ますが、プロ選手となってからの実績からすると復活そのものが当てはまらない成績ですよ。まぁそんなことはどうでもいいですが……

この記事の中にもありますが、今選択している新たな保存療法が成功し、早期による復帰を果たしたところで戦力となるピッチャーなのか???答えは間違いなく( ´`)ノ゙ナイナイ。ましてや既にぶっ壊れている肘が完璧になったからとて、高校時代の伸びやかなストレートが投げられる年齢ではありません。

球団は何故に支配下契約を結ぶに至ったのか?どう考えても宮台らを育成に落とし斎藤佑樹を支配下契約した理由が全く見い出せません。

 

 

 

 

これは斎藤も悪いけど球団の管理が一番の問題じゃないですか?
チームにはチームドクターがいて、診断を受けて状況は本人だけでなくチームにも共有されるはず
その時にチームドクターと本人とトレーナーあたりの三者で方針は決めるのは当然であって
今頃実はじゃおかしいよ
これって、実はわかっていたけどあまりに斎藤に対する批判が多いからチームが情報を出したってやつでしょ
それか完全に腫れ物に触る状態なのかもね

 

 

 

右肘靭帯断裂w
そんなわけない 痛すぎて日常生活送れないしまともなドクターに診てもらったなら自然治癒はありえないと診断するし、トミージョンで再建を選択させるはず

明らかに重症ですよアピールで同情誘ってるだけやん
ここまで落ちぶれるとはね・・

 

 

 

これ以上、球団に迷惑は掛けられない」と来季の早い段階で復帰できる可能性がある保存療法を選択。

球団って言うより自分が居座る事でもう一年猶予があったかも知れない選手が自由契約になる訳だから、他の選手にも迷惑。
新聞もこの選手を記事にするなら、もっと他の選手日ハムに居るだろそっちを記事にして。

 

 

 

 

ファンはチームが勝つことを望んでいます。あなたに支払う給料で、将来有望な若手を獲得することができます。あなたが引退することにより、ひいてはチーム勝利に貢献することになると思います。

大学時代にあれだけ活躍したんだから、ここは身を引いて日ハムの本社にでも配属され、野球ではなく会社の一社員として働いた方が、みんなウィンウィンなんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

課題が見つからなくなった代わりに故障が見つかりましたか…
このままアラフォーくらいになればまともなピッチャーになれるんです?
球団側からは切れない契約・もしくは何かがあるのではと疑ってしまう

 

 

 

 

素朴な疑問だけど、靭帯”断裂”ってそんなに普通にしていられるのだろうか?
痛みの度合いはかなり強そうに思うけど、練習や2軍登板は勿論、私生活時においてもかなり腫れや痛みを伴う時期が有ったのではないだろうか?
もし痛みが有ったなら、その時点で受診しなかったがために、例えば靭帯”損傷”が悪化し”断裂”に悪化した、等と言う事は無いのだろうか?
逆に最初から断裂に至った場合、突発的な場合所謂「靭帯が切れる音」がする事が有ると言う話しも聞くけど、そこまで行かなくとも何らかの異変、陣痛などは発生していたはずだけど、何故チームドクター等に相談しなかったのだろう?
この件に関しては斎藤本人も去る事ながら、球団の対応にも非常に疑問と違和感を覚える。

 

中日ファンcommunity

タイトルとURLをコピーしました