MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

立浪は、ショートはまず守備と常々言っている。だから打てなくても使い続けていたが、打撃の不振が守備に影響したのか、凡プレーが続いた。それによって、二軍落ちとなっただけ。

立浪は、ショートはまず守備と常々言っている。だから打てなくても使い続けていたが、打撃の不振が守備に影響したのか、凡プレーが続いた。それによって、二軍落ちとなっただけ。
打てない守れない選手を使い続ける事は、他の選手のことも考えればできないだろう。

京田選手のスペックと現状のドラゴンズに特化した内容になるのは理解できる。ただ、長いことドラゴンズを見てきたが、この京田選手ほどドラゴンズファンに嫌われた選手はかつて知らない
それがこの選手を物語っていると云っても過言ではない。そうなってしまった原因が確実にあるわけで、もはやこの選手に至っては本人のスペックとチーム状況で云々すべきでないと感じる
申し訳ないが自分はもうこの選手は見たくはない。多くのドラゴンズファンにはそんな答えが出ていると思う

内野安打を稼ぎ、二塁打を三塁打に変える、
俊足を魅せたルーキーイヤーの輝きが、
すっかり無くなってしまった。

長距離打者でもないのに、引っ張った強い打球の、
本塁打や長打を狙うと言う、
打撃への頑固な理想が邪魔をして、
引っ張りオンリーの二ゴロ・一ゴロを、
続発するようになってからおかしくなり、
今季で完全に壊れてしまった。

頭打ちの打撃を改善すべく、昨秋キャンプから
取り組んで来た改造打撃フォームを、
勝手に手放したのも、そもそも大間違いでは。

そうでもないよ。年々成績は下降線をたどり、打率が2割切るような選手はプロとは呼べない。ただの守備要員なら別に社会人でも大学にでも他に要るでしょう。じゃあ足が特段速いか?といえばそうでもない。要するにただの守備の人なのだから、トレードになっても特に構わない、と思う自分のような中日ファンは決して少なくないと思う。

京田の守備力って、ポジショニングによるところが大きいと思いますけど。
普通よりも後ろに守ってるからエラーのしようが無いし。
アナウンサーが「ショートゴロです。あっと、一塁セーフでした。」と間違えるくらい送球が間に合わないこともしばしばです。
私、ねっからのドラファンですが、どうしても宇野、立浪、井端と比べてしまうので、京田の守備力なんて取るに足らないと思ってしまいますが。
今のままでは京田が邪魔でしょうがないです。

いやいや、残念ながら必要なメンバーには入りません。光る守備を見せ、たまに気迫溢れる打撃をと随分とチャンスをもらっての判断です。三俣など中堅はラストチャンスをもらっているのでしょう。根尾、土田を入れれば育成になりもう出番も少なくなります。あまり時間のないこの期間に印象に残るプレーをしなくてはなりません。
それにしても周平の打撃は何とかならんか。外角は及び腰でコツンと当てるだけ。平凡な併殺打球。変わらないと彼もラストチャンスだよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる