MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

現状の京田は一軍には必要ない。京田のプレーは一生懸命さが伝わってこないからファンとしてはイライラするらしい

現状の京田は一軍には必要ない。京田のプレーは一生懸命さが伝わってこないからファンとしてはイライラするんです。結果も出せず寡黙にプレーされても何も伝わってきません。今年のドラゴンズは意識改革も進み勝ちに拘る、結果に拘る野球が出来てきたと思います。たがらこそ京田のプレー、結果が特に物足りなさを強く感じるのです。
木下投手の追悼試合の時の気持ちを思い出してください。2塁へのヘッドスタイディング。感動しました。天国の木下投手が心配してますよ。木下投手は野球をやりたくても出来なくなってしまったんですよ。京田選手、這い上がってきてください。ドラゴンズに必要な選手になって帰ってきてください。

京田選手が喜怒哀楽をださないのが、鳥谷さんに憧れがあったということで納得できたかな。
喜怒哀楽を出さないのは、良し悪しですね。
それが本来の性格ならばそのまま変えることなく貫き通せばいいけど、リスペクトして演じているならやめた方がいいかなー。

鳥谷さんは自分で鳥谷を演じていたと言っていたしね。必要ないよね。

あと、仲良かった投手が亡くなって、精神的にきているのかなとも。悲しみから抜け出せず辛いままなのかも知れないね。

鳥谷を手本にするのはいいが、格好だけ似せても成績が伴わなければ何の意味もない。新人時代から右肩下がりはルーキーイヤーがまぐれだったということかもしれないし、レギュラーを確約出来る様な選手ではないと思う。ここ数年のチームの停滞は京田、高橋の迫力ない野球脳ない三遊間に象徴されており、立浪監督もそうした根本はよく理解している様に見える。守備で終盤の控えが実力相応ということだろう。

出塁して盗塁することを考えてほしい。
三遊間に内野安打でも四球でも塁に出ることをかんがえてほしい。
チームのために野球を考えれるようになれば多少変わると思うけどな。
ここまで自己中心的な野球やってるうちは二軍で終わりだろうな。
自身の実力のなさを痛感して見直してほしい。

信頼されているから、内外からの批判に対して立浪監督も擁護してきた。
たとえ打てなくても、再三再四守備やバント等でチームにプラスをもたらしていたら、
2軍降格は無かった。
問題は、必要とされていることを理解して、必死に対応するかしないか。
戦う男の顔つきではないと判断されたから降格になったので、戦う男に戻らなければ
思いやりで1軍に戻れることは無いということ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる