MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

京田陽太はどん底から這い上がれるか 屈辱の強制送還から2週間…復活のカギはどこに

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

阪神ファンの意見ですが、京田が活躍したのはルーキー年が最高で、期待値も高かったわりに出塁率は3割を切るなど伸び悩んでる印象。個性としたらオフの契約更改には結構強気という選手に感じます。あまり感情を出さない選手は確かにいるし、鳥谷がキャラ変を求められて成績が下降したように感情を出さないのを良いと取る監督も要れば、良しとしない監督もいるということだと思う。監督が変わるというのはこういうことだし、もしかしたら他球団で輝けるかも知れない

俺は中日ファン。京田が嫌いとかではなくもう一度上がってくるにはメンタル強化しなかったらかなり難しいと思う。考え方改めなければもう一度監督の信頼取り戻すのはこれまた難しいと思う。今のままの姿なら1軍には必要ないと判断されても仕方ない。三ツ俣結果出してるし、根尾も少しずつ結果残してる。守備力は京田が上かもしれないが戦えない選手は必要とされない。去年までの京田は甘やかされてた。今年の結果はそのツケだと思う。根尾のように努力してるのか?してたのか?プロの厳しい中では野手はやっぱ打てる事が大事。守備力高いのは分かるがそれだけ。我慢強く使ってもらえてたんだから監督も限界だったんだと思う。

他ファンの意見ですが、京田の守備力はたしかに魅力的。一方で京田に限らず守備だけでレギュラーと評価されるような選手は12球団見てもあまりいないし、特に京田の場合はルーキーから2年連続20盗塁した足があるのに、盗塁企図も年々減少していて出塁率もほぼ横ばい。

守備面での評価が年々高まる一方で打撃、走塁面での評価が横ばいあるいは下降気味ではレギュラーを外されるのもやむなしだと思うし、復活したところで打率.250で1桁盗塁レベルの選手ではまたいずれ同じような状況になると思う。

普通にやれば京田の守備は上手いんだから、攻撃面で何かレベルアップしないと、良くて守備固め、バックアップ要員で終わると思う。

立浪監督って打てない選手や実績の無い選手にたくさん打てとは言ってないよね。根尾や石川にはストレートをしっかり捕らえろ、岡林には強い打球打てっていうように課題への取組みを重視しているように思う。
その点京田は打撃のことは一切言われてなくて、キャンプの頃からチームリーダーの部分としっかり守れることを強調されてきたように思うんだけど、落とされ方からしてこのどちらも信頼を失ったように思えた。今までのように打てなくても許容するって立場は無くなってても不思議では無いと想像する。

>喜怒哀楽を出さないプレースタイルの鳥谷敬(元阪神)に憧れていますが

チームの成績・本人の成績が伴っていればそれでいいんでしょうがチームはBクラス最下位争い、本人の成績は打率は百歩譲ったとしても足が早いと言われながら盗塁数は大した事がない。それでは今回指揮と執る立浪監督が目指す勝ちに執着するチームには必要ないとされても仕方ないでしょうね。
開幕当初は目指すチーム作りを安定させる為に、若手も多く起用していることもあり守備力のある京田選手を優先的に起用するのは理解できますが、最近の中日の戦いぶりをを見てるとそろそろそれも必要なくなってきているのかなと感じますね。
今まで通りの打てない・走らない・気迫が見えないでは上位争いを目指す今のチームに戻ってこれるイメージが湧かないですね。

大前提京田アンチでもなければ嫌いでもないが、与田政権時代から京田不要論をずっと言ってきた。

守備は確かに一流と言えるレベルだが、打撃がそれを補って余りあるくらいの悲惨だった。ルーキーの時から三振は多くボールの見極めはできなかったが盗塁は果敢にしてたし、もう少し出塁率が上がってくれば・・・と思っていたがそこから打撃面で成長することはなかったね。むしろ劣化の一途を辿っている。去年の成績で十分じゃないかと擁護する声もあるが、数字が上がってきたのはほぼBクラスが確定して消化試合になりかけていたタイミング。シーズン序盤の勝負どころでは周平、平田、阿部同様とことん足を引っ張ってた印象しかない。

立浪政権で良い意味で大きく変わってほしい。
2軍監督は打撃コーチもできる片岡だ。教えをもらいながら是非とも生まれ変わった京田陽太を見せてくれ。

京田選手が二軍に行ってからの数試合、三ツ俣選手や溝脇選手が打撃の方で頑張ってて、結果も出してる。

ただ、やはり守備に関しては京田選手だったら、、と思った場面が数回ある。

立浪監督が打撃は多少目をつぶって、8番という普段なら守備重視の選手(捕手)を置く打順にしてでも、京田選手を使っていた意味もわかる。

まずは、やる気。戦う覚悟を持って這い上がってきてほしい。

戦う相手はもちろん対戦チーム、それと三ツ俣選手、溝脇選手、あと根尾選手。
戦うからには、打撃でもまたイチからやり直すくらいのつもりで、結果も出してほしい。

京田選手を応援してます。
すぐじゃなくてもいい、絶対に這い上がってきてほしい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる