MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

今年、岡林が開幕直前に指を怪我したとき、もし出られないのであれば根尾の開幕スタメンもあるという記事があった。

今年、岡林が開幕直前に指を怪我したとき、もし出られないのであれば根尾の開幕スタメンもあるという記事があった。
その裏では岡林が開幕に間に合うようにと岐阜の整体院を紹介したりと本当は自分にチャンスが回ってくる方がいいのに、やはりチームの為、仲間の為に行動してしまう根尾。
こんな優しい子でこの先大丈夫なのかなと思ったが根尾は自分の現在地を把握して野球人としてもっと大きな方向を見ているのだなと思った。

中日の外野は激戦区だが、ショートは帯に短し襷に長しで、京田、堂上は打てず出塁できずで、溝脇は守備に不安がある。
根尾は少なくとも打席で粘れるしチャンスには強いので、これからレギュラー取れる可能性がある。

根尾も藤原も高校時代考えたら伸び悩んでるなあ、、、清宮含め高校の実績だけではプロでは通用しないんだな、と思う。やはり考え方かな?

逆に高校時代そこそこでも高卒1,2年目で活躍する人も結構居るし。

多分根尾選手は、学生時代から何をやらせても平均点以上のパフォーマンスが出来てしまったがゆえ、プロに入ってからも指導者たちにも、いろんな色気が出てしまう選手なのでしょう。
最後、監督と本人が話をして決めたとされる今回の方針変更は、成功するかしないかは別にして、
お互いにとっていい決め方だったのかなと思います。

現状、臨時コーチの時から指導し、今期打撃改造に着手したのにまるで打てない、ここまで酷いのは想定外で京田はほぼ上がり目がない
土田君星野君の育成にはまだ時間がかかる
伸びしろがあってドラ1スターの根尾君を再抜擢したほうが得策と判断したのは
ファンからも好評だと思う
あとは本人次第
そんなにチャンスはない、あとは根尾君が必死にポジション奪えるかどうかだけ

本人の意思が1番大事だけど、客観的に見ると根尾は大和みたいになるのが成功例じゃないかなぁ?
内外野守れて高い守備力、ユーティリティ性を持てれば野球で食っていけるのでは?高校時代さら打撃力はそれほど高くなく、結果伸び代もなかった。京田が物足りないのはわかるけど、根尾は二軍でも結果出てないからなぁ

京田選手にライバルらしいライバルがいないと言う事は、外から野球を見ていた時から分かっていた筈ですよね。
それなのにあえて外野手一本でと決めた時は、正気かと思いました。
前監督も京田選手にはあえてライバルを作らなかったし、契約内容に何かおかしな項目が有るのではと勘ぐりたく成りますよね。

全く突然の話ではないです。遊撃手は京田のライバルがいないと言う事で監督が根尾の再コンバートの話をしていました。外野に枠が無くなったとも言えますが。ここで結果が出なければ投手転向一択でしょう。

地元なので朝日大野球部員の不祥事はよく知っている。
活動停止で真面目に野球に取り組んで居た者達が本当に不憫だった。
“地元社会人強豪”とはアノ運送会社を想像したが最近は都市対抗の優勝もあったし、
プロの世界にも多くの人材を供給している。
頑張れ、西川くん。そして根尾晟。

根尾昂の野球人生はまだ始まってもいない。

これからが本番!

まだまだ21歳。大学4年生と同い年だ!

打撃フォームを確立し、守備力を磨きレギュラーを奪い取って欲しい!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる