MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

立浪和義監督、根尾昂との“再コンバート”のやり取り明かす…とは

Yahoo!ニュース
【中日】立浪和義監督、根尾昂との“再コンバート”のやり取り明かす…「本人も『やりたい』と話していた」(...  中日・立浪和義監督が21日、2軍に降格した根尾昂外野手を遊撃へ“再コンバート”する考えを明かした。指揮官は「外野のスローイングのバランス、あれが遊撃でもいい方向...

今の外野陣は大島は絶対外せないし
岡林や鵜飼、アリエルに平田らがいますしね
周平が戻れば阿部も外野の可能性もあるし
今の状況ならショートの方が使ってもらえる可能性は高いでしょう
本人も本来はショート希望だったわけだし
京田も立浪監督はよく我慢して使ってると思うけど流石にあの打率では考える時が来たのかな
まあショートの守備だけ考えれば今はまだ根尾より京田でしょう
根尾がレギュラー奪うには京田よりは打てる事をまず証明しなくてはね
ショートの競争はいいと思います
どっちも頑張れ
立浪監督の変にこだわらない臨機応変なスタイルもいいと思います

今の状態では一軍では本当に たまに だけ出場。この状況では根尾が劇的に変わることは難しい。試合に出て実戦で何かを掴んでいかないと進歩もないように思う。現状打破、機会を作るためにも二軍であろうと出場できる場所を見つけないと。ショートに再コンバートでチャンスがあるかわからないが、試合で力をつけるのは大事だと思う。立浪監督もチーム状況の説明や方針、本人の意思確認もしたことだろうから、根尾の2軍からの巻き返しに期待したい。

どっちもやればいいと思う。ここで遊撃勝負とか言って外野が空いたら?もはや、一本で勝負できる立ち位置にいない。本職を作るのは大事ですが、次上がった時、どんなアクシデントがあるかわからない。それに備えて外野も全部守れるようにして、ショート以外にもセカンドやファーストの練習もした方がいい。とにかく、今一軍にいるメンバーはほとんど結果を残したため、残念ながらチャンスが無かった。狙えそうなのがショートのみだった。ただ、根尾君の場合、守備位置よりバッティング。逆に打つ方が上がってきたらどのポジションも押しのけることができる。

京田がいるドラゴンズに入ったからショートでの出場が難しかった。
あの荒木でさえ立浪の壁を越えてセカンドのレギュラーを掴むまで6年くらいかかっている。当事者の立浪は今は監督として根尾をしっかり育てる方針に舵を切ったのであればとことん鍛え上げて欲しい。1軍2軍を行き来して地力を上げる段階だけど、根尾の身体能力を考えれば鍛えから次第でまだまだこれから伸びていくはず。

誰も触れていませんが、京田には大きな武器があります

それは一年間、大きな怪我をしないでフル出場できるだけの体力です

簡単なようで、なかなかと出来る事ではないと思います

だからこそ森、与田、立浪と歴代の監督が京田を遊撃手として固定していると思う
(もちろん守備力が大きなアドバンテージになっている)

根尾が京田に勝つためには打力、守備力を高める前に、一年間出場できるだけの体力を身につけなければいけないと思います

体力をつけてから打力、守備力を高める必要があるでしょう

少なく見積もっても、後3年は二軍で精進した方が良いでしょう

実際には、野手としての最後のチャンスを監督が与えたようなもの。
今年芽が出なければ(特に打てなければ)、来年からは投手転向だろう。

ドラゴンズジュニア~中学までは投手だった。(高校で監督が故障防止等の理由で、全体の8割、野手の練習をさせていた。投手兼任で。)なので、本来の才能は投手。
打者・野手としてはかなり努力しているものの、プロレベルでは何か才能かセンスかが足りない。それを努力で克服できるに越したことはないが、プロで大成するのは才能+努力のような気がする。

まず僕は根尾くんを心底応援してる。だからこそ僕は全面的に賛成はできない。まず、堂上がファームで3割3分打っている。三ツ俣も3割超え。もちろん二人とも守備力は十分。「京田にライバルらしいライバルがいない」という発言をしたら、ファームで頑張っている堂上や三ツ俣が完全にくさるよ。彼らを見ている仲間もくさるだろうよ。まず彼らに1軍のチャンスを与えるべきだ。代打でも使えるし、代走で岡林とか、いいとこで福留代打とかじゃなくて、今でもいくらでも根尾くんを使える。交流戦ではDHもある。一気に外野レギュラーのチャンスが出てくると思ってた矢先のこれだ。根尾くんが二軍に行けば、ライバルは京田じゃない。まずは堂上と三ツ俣だ。二軍で3割3分打って、かつ守備力を二人と同等にしなければ一軍には上がれないはず。それは難しいから根尾くんには外野一本といったん指示を出したのではないのか。

外野手登録なのに開幕1ヶ月でショート再転向は可哀想っていう人と、京田への絶大なる信頼はよくわからない。

外野は大島の安定性、岡林と鵜飼の奮闘、周平が復帰したら外野に回るであろう好調阿部やアリエルがいる。

どう考えたってショートでレギュラー取りに行く方がチャンスがある。
京田より打てるようになればいい。
根尾のショートの守備が絶望的な訳でもないし、チームにとっても根尾にとっても将来のことを考えれば根尾をショートに固定する方がいい。

あの成績で年俸査定に文句言ってる人は無理にレギュラー出ださなくていい。

根尾は変化球打ちは非常に上手く、特にフォークなどは地面に着くような球でも打ちにいく。
逆に真っすぐは振り遅れる傾向がある。
常に変化球のタイミングで待ち、ストレートにもカットなどで対応する打法は
振り子打法のイチローが代表だが、非常に難しい技術でスイングスピードも必要となる。
根尾を見てるとそっちを目指している気がしてならない。
甲子園で吉田輝星からバックスクリーンに運んだ根尾とあまりに違うからだ。
巨人の坂本も2013年からその打法に切り替え、大スランプに陥った。
しかしその後の坂本は更に大きく成長したのも事実。
いずれにせよショート転向は大賛成、そしてファームで鍛え直すのも大賛成だ。
ただ、今の根尾は京田と同じく、踏み出したときにまだテイクバックさせていてあれでは駄目だ。
グリップは後ろでピタッと止まらなきゃいけない。
ファームで最低でもフルイニング出場、3割のノルマを果たしてほしい。

京田の壁は厚いと思ったら去年以上に打てないというね。2割打てないなら根尾のほうが、と誰でも思う。恐らく2軍で数試合の試運転をして、その間に京田の状態が上向かないようならスタメンで起用する事になると思う。
そこで打ってアピール出来れば暫くはスタメンを継続できる。根尾にとっては大チャンス。しっかり掴み取ってほしい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる