MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾昴 元々出場機会を得られる可能性が高いという意味で外野に専念させたので、今であれば出場機会が得られる可能性が高いのが遊撃となれば、その遊撃での準備をさせるということになります。

元々出場機会を得られる可能性が高いという意味で外野に専念させたので、今であれば出場機会が得られる可能性が高いのが遊撃となれば、その遊撃での準備をさせるということになります。こういう柔軟で一貫性のある判断をできるというのは強みですね。最初に決めた方針を意固地に守り続けようとする人もいますが、それは結局単なる保身に過ぎないことがとても多いです。柔軟性のない判断が称賛されるような古い時代とは決別しないといけませんね。

この辺りの柔軟性は、立浪監督は凄いと思う。
意固地な方針だけでは、時間を浪費してしまう。
チームは再建途中の過渡期にある訳で、
伸び代のある若手の台頭、或いは誤算によって、
チーム状況も刻々と変化する。
立浪監督も就任時の宣言、打線は「何とかします」
の”形”が少し見え始めた今現在において、
根尾昂に対する「何とかしたい」の思いの一心で、
再コンバートを決断したんだろうと思う。
レギュラーを獲るに、遠回りも近道も無い筈だ。
成し得た時点で、全てが必要だった時間となる。
期待とチャンスと受け止めて、頑張って欲しい。
あーだ、こーだと心を揺さぶられながら、
ファンは、根尾昂、”昇華の時”を待っている。

個人的にこれは嬉しいし賛同です!

チーム状況に揺さぶられた結果とはいえ、最初に望んだポジション。大いに頑張って欲しい!

また当初は外野のがレギュラー獲りにチャンスあるから、だったのが蓋を開けてみれば極度の京田の打撃不振…擁護発言があったとはいえ、立浪監督も内心打てなさすぎる京田の現状に少なからず不満もあったように思う。

そこで配置転換を決断し直すあたり、立浪監督の柔軟さと根尾の将来もちゃんと考えてる部分が垣間見れて更に応援したくなりました。期待してます!

根尾起用をめぐって立浪監督を批判してきた人たちも多くいましたが、監督が根尾のことをちゃんと考えてくれていることがこれで分かったと思います。とても素晴らしい決断で、京田、根尾双方にとってプラスになりますよね。ただ根尾と土田が競争となる訳で、それはそれでちょっと複雑な気もする。でもそれだけ選手層が厚くなってることだから、喜ぶべきことでしょう。でも万が一これで京田がライバルに奮起して打ち出したりなんかすると、守備がいいだけに根尾の出番がなくなってしまう。外野にしろ内野にしろ根尾にとっては厳しいことに変わりはないんですよね。根尾も土田も京田も応援してる身としては、この状況はとても悩ましい限りです。でもこれは嬉しい悩みであって、去年から考えるとなんて贅沢なんだろうと思いますね。

「一貫性がない」とか「ブレブレだ」とか、中にはそう言う意見の人もいるかもだけど
これは正解で、賢明な選択だと思う。
ショートのポジションは、もっと競わせた方が良い状態だし、外野手は枚数が多くいるし。
抹消はちょっと複雑だけど、一軍の試合でベンチに多くいるよりも、ファームで数多く試合に出場し続けた方が、本人のためだし。立派に育って、ショートのレギュラーを奪い取れるよう頑張れ

自分は立浪監督の采配や選手起用とか好きなので、その決断を支持します。去年と違って、チーム全体が明るくなって活気づいた。先制点をとられても、逆転勝ちできるっていう一体感もある。立浪監督が選手の心をうまく捉えていると思うんですよね。だから根尾君のショート再コンバートも良い結果につながると信じます。根尾君は真面目だし、練習熱心とのこと。二軍で3割近い打率を残せれば、1軍ショートで出番がくるんじゃないかな。

外野の方がチャンスがあると考えたが蓋を開けてみると岡林、鵜飼、マルティネス、平田、周平が戻ってくると阿部も外野に回る可能性もあり、競争が激しくなった事でこれは嬉しい誤算。
京田は固定と当初考えたがやっぱり打てない。
素晴らしい決断だと思う。まだシーズン始まったばかりなのでファームで鍛えて夏以降に京田に代わってレギュラーとして出てほしい。
根尾が加わったら面白い打線になる。
こんなワクワク感は久しぶりです。
立浪監督は決断も早いし、流石です。

期待の若手もベテランも、今後、疲れやスランプもあると思います。京田選手と根尾選手、周平選手・阿部選手・石川選手、岡林選手・鵜飼選手・A.マルティネス選手を今年一年、上手に使い、来年の固定レギュラーを決めていけばいいと思います。今年、このやり方でも、Aクラスは可能だと思います。優勝争いができれば、もっといいけど!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる