MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

立浪監督、登録抹消された根尾昂の“再コンバート”明言とは

Yahoo!ニュース
【中日】立浪監督、登録抹消された根尾昂の“再コンバート”明言「外野は打てる選手が多く、チャンス少ない」...  中日・立浪和義監督が21日、バンテリンドームでの練習後に取材に応じ、出場選手登録を抹消された根尾昂外野手を、今後は遊撃として起用すると明言した。  根尾はこの...


やっぱりそういう事か。 昨日のヒット、解説の牛島さんは「あの球を見逃せるようになって欲しい」と言っていたが、立浪監督はあれを空振りせずヒットにしたというところに強振一辺倒だった頃からの成長を感じたのかも。 一旦2軍ということではあるが、あくまでもショートの守備に慣らしてからもう一度上げるということなんだろうね。 ゆっくりだけどしっかり一歩ずつ階段を登ってる感じでこの先楽しみ。 しかしスカスカだったはずの外野陣がいつの間にか激戦区になってるとは、一年でこうも変わるもんなんだね。

大島選手は不動、右の大砲として育てたい鵜飼選手、走攻守で光る岡林選手。

根尾選手がこの三人を押しのけてレギュラー争いに加わるのは確かに現状厳しい。

今はセカンドとショートは阿部選手と京田選手がレギュラーだけど、年齢的にこのまま何年も続くかは分からない。

セカンドやショートなら守備力があれば、外野ほど高い打撃指標は求められないし、将来的にレギュラーを狙うのなら、セカンドかショートになるのかなという気はする。

鵜飼選手と岡林選手が良い感じだから、外野手としての出番がほとんどなくなってしまったよね。

守備がプロとして使えるレベルであるなら、二軍で、実戦を経験させる事と、一度マウンドにあげてみることもありかもしれない。もう既に、京田は、守備の人になっている。根尾が2番に入ってくれれば、将来的に、岡林と先陣を切る事ができる。先発が大崩れしなくなれば、根尾の緊急登板は無いと思うが、吉見のYouTubeからも、投手が面白いと思うし楽しみです。

京田の打撃がね。インコース低めに食い込んでくる変化球は殆ど振り、殆ど空振りかボテボテのファール。簡単に追い込まれて、相手ペースで勝負されているから、なす術なく凡退。又は、追い込まれたくないから、早いカウントから勝負しようとしても、打てない球に手を出している始末。追い込まれていないのに何故あの球に手を出すんだろうと思うことが多い。今年は更に酷くなっているからあの打率なんだろう。根尾を再コンバートして、京田に刺激を与え奮起を期待してるんだろうが、プレッシャーに感じて更に悪化しそう。なんかスランプとかでは無いような気がする。根尾下げたなら三ツ俣上げて8番スタメン。後半守備固めで京田でも良いかもよ。本当は、2軍に下げて無期限調整させないといけないレベルかもよ。土田がもう少しバッティングのレベル上がっていて、誰もが認めるショート2番手だったら世代交代のチャンスだったかもね。

ショートの若手は土田もいるし、根尾のショートはプロでは上手いレベルではないし、京田より守備力が劣るのだから打たないと出番はない中で、バッティングにもかなりの課題がある。
セカンドの方が良いと思うけどなあ。根尾の肩ならセンターに抜けそうなゴロを捕ってアウトにできると思うし、セカンド守備ならマスターや周平には勝てるだろう。その2人の年齢とかを考えてもセカンドのレギュラーの方が可能性が高いのでは。

今は一軍にいても出番が限られているし、
二軍でショートとして再スタートするならそれも良いと思う。
ただ、二軍には土田も星野もいる。
ショートの守備力だけを見ても、現時点で根尾が彼らを上回っているとは思えない。
ショートで勝負するにしても、相当厳しい立場ではあると思う。

本人にとっては大変嬉しい話であったと思います。
立浪監督のようなショートの成功者からみて、その方が良いというのであれば本人にとってもプラスになるでしょう。

立浪監督も開幕し、選手個々の力などを踏まえ、変化していくチーム状況でも根尾に期待している、使いたいということがわかる良い記事ですね。

単純に編成が偏って外野が飽和しているのが大きいんだろうけど、ショートなら頑丈で守れれば京田レベルの打撃でも許されているという側面がある
根尾が外野手に求められる打撃力をつけるよりもショートで求められる守備力をつける方が現時点では可能性が高いという判断もあるんだろう

根尾くんは打撃が開花するにはまだまだ時間が掛かりそうだし、現状だと内外野すべて守れる代走・守備要因と敗戦処理投手までこなせるという【究極のスーパーサブ】というオンリーワンの道を目指してもいいかもね。

そこまで全て出来るなら一軍に置いておく意味も十分にあるしベンチも助かる。
そのなかでバッテイングで何か掴めば、スタメン陣の故障や不調時にレギュラー奪取のチャンスも来るだろう。

開幕からすべてドラゴンズの試合をテレビ観戦しています。開幕戦の巨人戦こそ、いまいちだったものの、大島、阿部を中心に盛り上がり、石川は大器を感じさせ、京田も成長しつつあり現状打線には火が付いてると言えると思います。このままシーズンが進んでいくと根尾の入る余地は無いと思う。

コンバートは思い切って投手もあり。
ドラゴンズは開幕前から投手陣はリーグトップクラスと評されることもあったが、セットアッパーはまだ固定されていない、ここなら入る余地がある。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる