MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

  落合博満 開幕8連敗の阪神・矢野監督に疑問 「私には考えられない」

Yahoo!ニュース
落合博満さん、キャンプ前『今季限り退団』宣言→開幕8連敗の阪神・矢野監督に疑問 「私には考えられない」...  ともにプロ野球で監督を経験している野球評論家の落合博満さん(68)、中畑清さん(68)が3日、TBS系情報番組「サンデーモーニング」にスタジオから生出演。阪神がセ・リ...

阪神と言う球団は、どんな事でもすぐに記事になるから、言葉選びと言うか、発言には気をつけないといけないのは今に始まった事ではありません。落合氏の言う「考えらない」とは、いろいろな事を踏まえて、周りにその言葉がどれくらい影響するかを考えたら、やはり人気球団だけに考えられないのではなかったのかなと思います。昨年のシーズン終了後に辞任を伝えたけど、辞めさせてもらえなかったと言うのがあり、その気持ちをぶつけるところがなかったのではないかなと思うのです。なので、それだったら選手たちには最初に言っておいた方が自分の気持ちもスッキリするし、また今年のシーズンの成績がどっちに転ぼうが、自分は辞めるのだから…となるしね。ある意味、それってズルいのではないかなと思いますけどね。 負けが多くなり、マスコミから休養説が出るのを防いでいるようにとられても仕方ないし、もしそうでないのなら、結果で周りを抑えるしかない。

フィクションの世界や一部の特殊な環境下にある組織では、「○○を男にするために」一致団結して結果を残す、という展開もあり得るのかも知れないが、現実は違う。
ファンにはチームの内部事情なんて知る由もないけれど、プロ野球の監督経験者がこうも口を揃えて否定的なコメントを述べているということは、プロ野球チームもやはり現実世界に存在する一般的な組織だということ。
矢野監督自身、長くその組織の構成員だったはずなのに、どうしてあんな発言をするに至ったのか…。今となってはそれが解せない。

確かに開幕直後の辞任発言はマズいだろう。矢野自身は背水の陣の心算で言ったのかも知れないが、チームに不協和が起きるのは当たり前だ。これが日本シリーズやクライマックスシリーズでの発言ならば士気向上にもつながるかも知れないが、この時期に言われれば見捨てられたとしか思えない。

逆の意味で選手に発奮をさせたかったのだろうけど今のところは空回り。

勝ち続ければ勢いづいていたのかもしれないが、逆のパターンになってしまったので指揮官は毎日胃が痛い日々を過ごしていると思う、途中での解任だけは選手がさせないようにしてほしい。

リスク管理の問題だと思う。
恐らく本人も球団も「言わなければよかった」と後悔してるはず。
取り返しつかないけど、もう進めるしかないと、これって結構、現代の社会問題にも通じてると思う。

「オレは今季限りで辞める」という監督の下ではいわば精神的な学級崩壊が起きチームがチームとして機能しなくなったということ。
意識するか意識しないかはともかく選手が自分の成績中心になってしまっていると思う。
阪神の打つべき手は矢野監督を解任し新体制を作ることだ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる