MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

今年のセカンドは激戦区。 筋トレしてきた高松

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

今年のセカンドは激戦区。高橋周平、石川、岡林のコンバートもあるとかないとか…
でもセカンドはレギュラー白紙だから当然高松にもチャンス。昨季は1軍で出場機会を増やした経験があるだけにそれをどう活かすか。最大の武器の「走力」を首脳陣にアピールしてまずは開幕1軍を掴んでほしい。

久しぶりに現れたドラの走り屋。代走専門で試合の終盤に出てきて、大事な場面でその足をいかしてほしい。
できれば、そのまま守備がためにも入れる守備力をつけてほしいな。

プロの選手としては、まだまだ線は細いと思うけど、身体を大きくして持ち味のスピードが落ちたら意味が無いから、難しいとこだね。
ただ、長いシーズンを戦うにはスタミナは必要で、ある程度の大きさは必要。
シーズン中の体重維持が難しくて、パフォーマンスの質も落ちる選手も少なくない。
全体的に大きく出来るといいんだけど。

自慢の足を生かす為、先ずは出塁率をあげてくれ、きれいなヒットでなくてもいい、足でヒットにするくらいの考えでいいんじゃないかな。高松が塁にでるだけで相手投手のストレスになるくらいならしめたもの本塁打のないドラゴンズ、戦術で得点するに必要不可欠な選手でいてほしいね。
駆け回れ高松。

フルで活躍できる体力、経験を身に付ける為、当面は外野の守備要員及び走塁のスペシャルリストとしてやってくれれば。出たての頃の荒木のように。そうした経験を積んでいけば荒木を超える逸材になりうる選手だと思います。

当然本人はレギュラーをつかみたいだろうが、仮にレギュラーになれなくても、誰にも負けない走力を身につければ1軍に居続けて勝利に不可欠なピースになれる。
大事な終盤の代走でファンを沸かせられる選手も優勝には必要かなとも思う。

周東のようにいつでも走れるようになるまではスタメンでは出れない。まずは足から信頼を勝ち取らないと!

足の速い京田も高松の足は本当に速いと褒めていた。走塁や牽制でのミスも去年は目立ったが、確実性が上がれば怖い存在になる。
セカンド一本でまずは勝負すると話していたがレギュラー獲りへの一番のライバルはセカンド筆頭と立浪に言われている石川昂だろう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる