MENU
ドラゴンズの試合中継を無料で見るにはこちら

京田は考え方が甘いですね。

プロ野球選手としてケガをしない様に気を付けるのは当たり前。全試合出場していないし、成績が下回っているのにダウン提示に驚いたとはそう思っている京田選手に驚きです。フル出場でなおかつ成績が上回って話すことだと思います。考え方が甘いですね。

不満をいだく前に、打って塁に出て、足で盗塁をかせぎ、得点圏でしっかり打点をあげ、勝利に貢献できてから、そういう不満はもらしなさい。今年の成績では下がって当たり前。そんな意識で野球やっていたのだから、打てなかったと思う。

今シーズンの成績でチームも5位で終わり、年棒が上がるとでも思ったのか?上がる要素は全く無い。今の状況からして京田はFA取得したら真っ先に行使しそうやな。今のうちから次世代ショートを育てて行った方がいいかもしれない

自意識過剰。
どっぷりBクラスで個人成績もひどいものなのに、何が不満なんだよ。

この成績ではどう見てもダウンでしょう。彼の中では、守備での貢献、毎年規定打席到達、怪我をしていないなど貢献度の積み重ねを重視して欲しいみたいだけど、7000万クラスの選手だと基準はそこでは無いと思う。出塁率の低さ、打率2割5分、盗塁1桁、打点20そこそこでアップはないでしょ。新人じゃないんだから。ほぼ守備に対して評価をしてこの金額を出してる球団を尊重するよ。

ドラゴンズは選手評価については落合時代に査定法を変えたと言われ、その内容は選手は一目で文句の言えない内容になっていると言われている。だから年越しは殆どいない。京田自身減俸が理解できないという自惚れは考え直した方がいい。所詮数字か、というのは我々ファンが京田に一番感じることだ、チームプレイに欠けるから。

まあ、結局数字って事だよ。
ある意味不幸なのは京田選手を守備、打撃共に脅かす選手が居ない事なのかな?だからチーム内だけで相対的に見て俺は試合に出てる!やってる!と思ってしまうんだろうね。立浪監督にはそういう意味でも新たな目線でレギュラーを選んで欲しいね。

まさに、、、
ダイニング・クルーガー効果の典型的な選手。

通算の出塁率で2割台。
そういう日が来たら、大金で獲得してくれる
球団があると…………良いですね️️

まず、ボールボーイなどスタッフには、優しく
接してください。

ていうか、逆にダウン金額が少ないのにびっくりした。
チームの順位、個人成績から考えたら甘めのダウンだと思いますよ。
アップもしくは現状維持を想定していた事に個人の甘さを感じます。

毎年.240-250程度の打率、2021年度は失策も多く守備もいまいち。自慢の足の盗塁数も低下している。
そろそろ頑張んないと、レギュラーも危ないかも。成績はさほど変わらないのに減俸は、球団もそろそろ首切りを検討している兆候。さらにこのコメントに、この記事内容では、来年控えに回る可能性もでてくるかも。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる