MENU
ドラゴンズの試合中継を無料で見るにはこちら

SB千賀はオプトアウト付き5年契約

双方の思いの中で良い落とし所だと思う。
ポスティングを認めない事が悪い、という
風潮はちょっと違うかなー、
まぁ入団時に選手側が球団の選択権がない以上、不平等さは拭えないが…

そりゃ、メジャー志向のある千賀との契約はオプトアウトがなければ単年契約しかあり得ないからね。
しかし、単年契約では千賀がメジャーへ行くにせよメジャーを断念するにせよ、来期のFA権行使は避けられない。(よほどの怪我が原因でメジャーを断念する場合以外は)
ソフトバンクは複数年契約をしたい、千賀は海外FAの道を残したい、のだから当然の帰結ですね。

支配下ドラフトで指名されたならともかく、育成契約からスタートした選手だからね。ソフトバンクが育成を充実させてなければ、プロ野球選手になれてなかったかもしれない。だから球団の方針が優先されるのは仕方ない。

いい契約だ。
千賀も球団も納得していると思います。
千賀はメジャーでも通用すると思います。
千賀のホークスとしての最終年は日本一で飾ろう。

来季はどうなるか分からないけど
順調に試合に出られれば来季はメジャーを目指せるし
もし残念ながら海外FA権取得できなかったとしても
ソフトバンクとの契約継続って事だね
勿論、千賀にはメジャー挑戦の夢を叶えて欲しいけどね

不思議だよね。
球団によって自由にポスティングを
認められるなら、契約金だって自由に
決めればいいじゃないか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる