金じゃねー 立浪監督を胴上げしたい

少年時代鹿児島のドラゴンズキャンプからの縁だものな。また同じドラゴンズブルーのユニフォームが揃うなんて思わなかった。
監督の起用法は代打の切り札とのことだが、若手中堅が不甲斐なかったらそのままスタメン奪い取って欲しい。

こういう場なんだから、「優勝したい」だけでいいのに、「勝負の世界なので甘いものではない」と言葉をつける福留の考えをドラゴンズ若手は理解しないといけないよね。
立浪体制には賛否両論あるみたいだけど、現状勝てていない以上、変化が必要。
投手は良いし、セ・リーグはゲーム差ほどの力の差はないから、勝ちにこだわるピリピリが良い方に作用すると、来年面白くなりそう。

年齢的にもビールかけを出来るチャンスは少ない
来シーズンやって欲しいものです
日本シリーズを見てて、そう思いました

物足りないと言うのは、自分自身にであるのだが、
出て来ない若手に対してでもあると思う。
福留よりも一回り近く、もしくはそれ以上若いのが
誰一人、今季の福留を超えられなかった。

平田・福田・遠藤・井領・加藤・武田…。
若くなるほど、戦力が落ちて行く。
上記の6人の内、半数が戦力外で去り、
残りの半数も来季駄目なら、限り無く戦力外。
優勝争いをする為には、突き抜ける若い力が、
どうしても必要になって来ます。

立浪和義新監督と福留孝介選手による新たなる抗争(構想)がまたひとつ…。
血で血を洗う、ではなくビールで血を洗う名古屋流儀の喜びの宴。
とにかくめっちゃ痛そうだ(笑)。
それだけ優勝したいという、立浪監督なりの選手への期待の言葉ですね。
テレビの前でこのネタを持ち出して、キャッキャしながらやるやらないで揉めるところが見たくなる。

かつて、金本の加入によって選手の空気が変わり後に優勝した阪神を思い出します。
福留獲得の際には疑問視する声もあったが、私は必ず良い影響があると信じていました。実際その通りになっていますよね。

憧れの選手と再び野球が出来る事に興奮もあるだろうが、福留がいつまでも一軍で出られる選手層が情けない。
来シーズンあたり外野手争いを勝ち抜いて凄い選手が出てこないといつまで経っても弱いドラゴンズのままだ。

福留は立浪を追って中日に入団した
二人の関係は深いからね
ケガのないように

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる