阪神執念ドローでヤクルトと0差

今月だけで貯金7。
絶好調だった4月の貯金10に次いで、今季2番目の多さ。
決め手は、調子が落ちていた梅野から坂本に変えた事が大きな要因ではないだろうか。
加えてこれまた調子の悪かった西の抹消。
試合が序盤で壊れる事は殆ど無くなって、阪神は持ち直したと言える。

打線は弱いがバッテリーで負けにくい試合にしている。
本当に援護待ち状態。

来週、ヤクルトと当たる広島のローテが気になるな。今日の引き分けで森下の10勝はなくなったけど、まぁヤクルト戦に当ててくると信じたい。あとヤクルトに得意な床田がどこで投げるかだが、、やはりヤクルト戦の前のDena戦かな。
明日、阪神が九里を叩く前提で考えると、九里の最多勝の可能性をあえて残すという際どい戦略もあり得るかも。阪神の最終戦にあえて青柳を勝ち星をつかせずに勝つことができれば、九里の最多勝のモチベーションが保てる。まぁ大瀬良もいるし、ヤクルトには難敵揃いなのは間違いないよね。

残り試合ももう残っていない事、当然、「今後の厳しさ」が前に出て来たコメントだったな……。
何しろ、明日負ければ、その時点で終わりだし。

その意味で、明けて明日は、果たしてどうなる事だろうね。

うちは1つでも負けたらダメなんで

矢野監督のコメント

絶対1つも負けられないと監督も選手も意識しているから、今日も引き分けまでに持って来られた。
このモチベーションやメンタルが今のヤクルトさんには足りないものだと思う。
この3連敗 どの試合も10点以上失点している。

この状態から最悪、残りも4連敗しV逸と言うオチまで付いてくる可能性も考えられる。

ヤクルトさんも明日からは もう1つも負けられないと意識しながら試合をして欲しいです。

正直、坂本の打席は代打糸井かと思いました。
その中でヒットを打ってその後の代打糸井は凡退。
やはり素人にはわからないプロの采配ですね。

あの同点の場面、打率1割台の坂本をそのまま行かせるなんて!とびっくりしたけど、原口の状態もイマイチやし、坂本が打ってくれたんだから名采配ということになるんでしょうね。あっぱれ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる