中日のポジション別年齢分布図見ると、このチームがいかに野手軽視してきたかわかる。

中日のポジション別年齢分布図見ると、このチームがいかに野手軽視してきたかわかる。

もちろん途中で戦力外になった選手もいるだろうけど、編成やスカウトは現状の戦力や、こういった図を見て、将来像をどう描いているのか謎だし、今の現状もそうなるでしょうねとしか思えない選手編成。

特に25歳以下に競争がない。32以上多すぎ。若手の勢いをもう少し利用してもいいと思う。

あと伊藤三好滝野のような選手が多い。彼らに将来どういう選手を期待しているのか?

長打期待できそうな選手もぱっと見、石川と石垣しかいないんだが、、。ちょっと極端な編成だと思う。

長距離打者がほしい。

藤井は引退、福留は大ベテラン、大島は衰えが見え、マルティネスは外国人として物足りず、遠藤、井領、福田、加藤、渡辺は1.5軍レベルで頭打ち。とにかく外野手不足は深刻では?コンスタントに野手を取り続けないことには、いつまで経っても底上げは計れない。
もちろん育成環境の見直しも、それはそれで必要だろう。

こんなに打てないなら様々な選手を試すのにね。
なぜか最終的に福田に戻ってくる。
彼をスタメンで使っているうちはAクラスは見えない。
代打で結果残せるように覚悟と準備させるべき。

野手に関しては即戦力だけでなく、時間かかっても強い打球を打てるような選手、右打ちも左打ちも取らないと。梶原君、前川君、阪口君、田村君のうち少なくとも一人は。
高卒野手が育たないと言われるけど大卒野手も高卒投手も育ってない。取り続けて競わせないと。
逆に高卒投手、特に右投手は上位で指名しても、下位も含めたくさんいても朝倉以来チームの中心になる選手を育てられていない。先発完投型を目指せる大卒投手を指名してほしい。ここ数年のように中継ぎタイプの選手の上位指名が続くのは厳しい。鈴木博、石川翔、橋本、岡野、森でしばらくば優先度低いでしょ。

左の長距離砲、左の先発型投手が補強ポイント。。
高卒右投手、大卒投手、野本2世となる巧打が売りの右投げ左打ちの野手を獲得して、補強ポイントは後回しにする昨年のようなことはやめてほしい。

中日、楽天以外の10球団は、目下売出中の若手野手がどんどん出てきて一軍で活躍している。
10球団からしてみれば、正木、ブライトは15番手ぐらいの評価では?
中日も普通に投手に行ってから、2位でも十分取れるでしょ。残ってなければ鵜飼に行けば良い。
それよりも、高卒野手を3位までに取って、ちゃんと育ててくれ。
ここ数年のドラフトは大正解で、これからその芽が出てくるのに、中途半端な即戦力野手をとって若手の芽を摘むのだけはやめてくれ、

クリーンナップ候補は、石川、石垣がいますし、腰を据えて、キャッチャー
以外のポジションでの起用を協議できれば、アリエルだっている。
むしろ、そういう育成方針を立てる必要がありますよね。

あと、まだまだチーム再構築中であることを認識しないと。
FA・トレードによる移籍が活発ではないNPBの場合、世代交代などに
失敗すると、低迷期が続く傾向が。。。

そこも踏まえて、新監督を選定し、地道にチームを強化するべきです。
外国籍選手などに巨額を投資できないのであれば、育成にお金を投資する
べきですよね。2軍施設、練習施設、有能なコーチ招聘など。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる