アジア人にホームラン王を獲らせたくないための四球攻めという意見もあるが、大リーグで優勝を争うトップのチーム達がそのアジア人にビビッて逃げに逃げた記録というのはホームラン王獲られる記録より不名誉で恥ずかしいと思うんだが。

アジア人にホームラン王を獲らせたくないための四球攻めという意見もあるが、大リーグで優勝を争うトップのチーム達がそのアジア人にビビッて逃げに逃げた記録というのはホームラン王獲られる記録より不名誉で恥ずかしいと思うんだが。

これもルールですし、絶対に勝ちたいと思えば打たせないでしょ、昔、甲子園の高校野球で松井選手が全打席四球責めがあったと思います、これをすれば勝負は、ほぼ勝てるでしょ。
 ファンとして見ている方からすれば、心情的、人情的にには面白くはないし、しかしながらメジャーアメリカにはホームラン王をアジア人には取って欲しくない面もあると思いますし、取るのであればアメリカに近い中南米の選手に取って欲しいと思って居られる方も少なからずいると思います。
 めげずに出来れば、投手として二桁勝って欲しいですね。

勝負に関してはチームの事情や勝ちへの拘りから理由はあると思うけれど、もっとペレス、ゲレロjrが、対戦相手に対して鼓舞してもらいたい。 正々堂々との勝負を観客は見に来ているけれど、この様なことが来季も続くとメジャーなんか夢も無いリーグでしかない。MPBも特例なしに罰則規定を設けるべき。

裏を返せば、そこまで慎重にならなければいけない相手ということ。大谷選手がそれぐらいの選手ということは周知の事実。

野球に四球というルールがある以上、それを逆手に取った作戦なわけで。
逆にエンゼルスは大谷が塁に出たというチャンスをモノに出来なかったのは痛い。

でも大谷が打ってる映像を観れないのは一野球ファンとしてはやっぱり残念です。。

ルール上は問題ないし、試合に勝ちたい、外国人にホームラン王とらせたくないから敬遠、は日本でもあることだけど、メジャーは世界最高峰の舞台なのだからそういうせせこましいことをしないで、最高峰の力と技術がぶつかり合う、最高峰の勝負をしてほしい。

マリナーズにはプレーオフ争いがあるから仕方ないということもエンゼルスの打線の事情も理解しているけど、3試合11四球、ランナーなし敬遠は悲しい。
観戦しているファンも今年最後のホームでの大谷さんの打席を1打席でも多く見たいはず。
こんな試合をしていてはますます野球人気が低迷してしまう。
メジャーリーグには申告敬遠のルール改正を望みます。

球場に集ったエンゼルスのファンも大谷が敬遠されたらさほど迫力感に欠けるブーイングだけじゃなく、せめてホームくらいは席を立って背を向けるとか場外に出なくてもみんなが一旦席を立って離れるとかくらいはして欲しいものだが。
アストロズ以降顕著に何かもう既定路線の当たり前的常態化してるし、そんなもん無抵抗泣き寝入りで見せ付けられて面白いの?納得できるの?って言いたいものだが。もっとファンならではのプレッシャーを与えて貰えないものだろうか。

こりゃ日本の野球関係者は批判できないな。日本のプロ野球で何度こういうことが行われてきたか。敬遠の指令に涙を流して悔しがった投手に対して、チーム愛に欠けているなどと批判した輩すらいた。

今回は、勝利のためという大義名分があったのだからまだマシで、NPBでは、消化試合ですら行われたことがある。

こういう行為、少なくとも、勝敗を争う上で、作戦上必要とは思われない敬遠は、ファンを裏切る行為として、禁止にしてもらいたい。

大谷はメジャーリーガー全員を敵に回してプレイしているのだろう。

みんなで和気あいあいやってた職場やクラスなどの組織にものすごく魅力的で能力が高い人物が入って来たと想像してみるといい。

ほぼ高い確率でその新しく来た人物は嫌われて組織から排除されるだろう。
元々その組織にいた人たちは、もしその人物を受け入れたら自分自身の相対的な価値が下がり、もしかすると組織にいられなくなってしまうかも知れないという恐怖心が生まれるに違いない。

その恐怖心は怒りやいじめのような形で表出するだろう。

それが今の大谷選手の状況だと私は思います。

ファンとしてはホームラン王になって欲しいけど、もしかしたら大谷選手は記録は二の次で、この四球ぜめに満足している可能性もあるよね。ホームラン王は毎年1人以上現れるけど、こういうある意味偉大な記録は何年、何十年に1度の記録なんだから。

ホームラン王レベル、なのは間違いないわけだし。

まあ仕方はない
チームとして、大谷の前後に強打者を並べられないからこうなるのであって、それができないアストロズが弱いということ

競技としてはね

興行として考えたとき、果たしてこれでいいのかというのはあるわな
こういうのを観客、ファンが果たして見たいと思うかどうか
プロスポーツは競技であると同時に興行であることを思うと、これは発展には繋がらないんじゃないかとは思う

一打者に対する敬遠なり四球の数を制限するようなルール変更が必要かもね
ただしルールを変えればいいとも思ってなく、変えるとしてもプロのみとか、限定的、抑制的であるべきとは思うけどね

敬遠されるのは怪物たる証拠だが。ファンあってのプロ野球だと言う事も考えないと。敬遠を観にお金を払ってくれる人はそう多くない。投げる、打つ、というシンプルなスポーツだから豪快なプレーを楽しみにしてる。大谷本人も、敬遠されるより、マン振りの三振の方が野球をやってる実感があるだろう。勝負だからルールの範囲なら何をやってでも勝つべきだろうけど、スポーツマンシップも捨てないで欲しい。

打たれたくないから『敬遠』てルールが作られ、
時間がもったいない・どうせ塁に出るのだからと『申告敬遠』が追加された

試合時間の短縮と、ピッチャーへの負担軽減にもつながるが、
新庄が油断したバッテリーからヒットを打った例もあるし、場合によっては悪送球などで得点につながるかもしれない

駆け引きの一つではあるけれど、スポーツ観戦の上では詰まらないルールだと思ってる

相手はポストシーズンがかかっていますし、強打者ですから四球が多くなるのは戦略的に十分考えられます。
数少ない打席でしっかり結果を出すしかないですね。
チームも消化試合に入っていくのでタイトルに拘る戦い方でも良いと思います。

こんな状態が続くと今季のホームラン王は本当は大谷だったって言われて、ホームラン王取った選手が可哀想な事になりそう。まぁ、こんな状態でも大谷ホームラン王とれば問題ないんだけど、今のままでは厳しかな。

バースやローズやカブレラが日本で54本まで行って歩かされまくったのと同じように、日本人がアメリカの野球でホームラン王は許しがたいのだろう。当時、日本の野球はクソでアメリカはこんな場面も勝負してくれるなんて幻想抱いてたやつらも現実分かったじゃないか。

2番バッターの大谷を敬遠すると言う事は クリーンナップの
3・4・5番バッターに全く迫力が無いと言う事になる。
今後エンゼルスは、どうするのかパイレーツから筒香をトレードで
獲得して打線に厚みを増すしかない。

本来であれば楽に本塁打王確定であったと思うのだが

トラウトとロンドンがいない打線では、大谷との勝負を避けて他のバッターを抑える方が、勝てる確率が上がる。そして同時に、一般的なアメリカ国内の感情として日本人にホームランのタイトルを与えたくない心理も働いているのだろうね。

頑張れ大谷!

確かに申告敬遠は悔しいですが、それはそれで敬遠四球の記録を更新する可能性もあるわけど、歴史に名を残す可能性もありますよね。いぜれにせよ、バットを逆さに持つなどの行為をせずに試合に臨んで欲しいです。

これだけ勝負してもらえないのにホームラン王って正直難しいね、世界最高峰の場所で勝負してもらえないのはMVPの証でしょ、打率こそ低いが当たればホームランの確率が高い、本数よりそこがホームランキングに当てはまるのでは?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる