大谷「現状には不満足です」

確かにどちらも専念すれば突き抜けた成績を残せるのでしょうね。ただ今シーズンのように「ホームランキングがホームラン2位から三振を奪う」とか「投手と打者の成績合わせてチーム14冠」みたいな活躍も本当に面白い。

何にせよ大谷サンのやりたいようにやってくれれば、自分はそれを見て楽しむだけであります。

イチローさんがこの内容を記者会見で言ってましたね。

大谷選手の活躍を期待しています。
打者、投手の専任も見てみたいし、このままの二刀流も見てみたいです。

ご本人の希望が選択できる数少ない選手なので、希望したスタイルでプレーして欲しいと思います!!

この人もやっぱり大谷をピッチャーでしか見れなかった人で、きっとこの人のスカウトでMLBに行ってたらピッチャーのみの契約になっていただろう。
二刀流やりながらホームラン王争いをリードしてる事を見る事は無かっただろうね。
もちろん、大谷がピッチャー専念してたらサイ・ヤング賞を受賞するぐらいの活躍をしてただろうしそれは凄い事だけど、100年間MLBで無かった事を今している訳だし、物足りなさは感じ無いけど。
今の大谷はどちらかに専念する気も無いと思うし、それを見ているこちらも楽しめるのでそれでいいと思う。

バッターだけの年とピッチャーだけの年は自分も思った事ありますが二刀流だからモチベーション高くやれるのかなと思いました。

素人考えだけど、同時にやってるからこそ身体的にも精神的にもストレスが軽減される可能性もあるんちゃうかなー。
ずっと同じことしてると体の一部に疲労が溜まるし、別のことを考えると気分も変わるし。
両立してどこまで続くか挑戦してみてほしい。本人もそう思ってる気がする。

色んな選択肢はあると思いますが、本人がやりたい様にさせる方針が一番しっくりいっているのだと思います。
この方針は勇気のいる決断だと思います。
結局本人は野球を全力で楽しもうとしてしまうので周囲はハラハラしていまうのですから。
でもそんな決断をしてくれたマドン監督には感謝しています。

大谷がメジャーでも屈指の素晴らしいアスリートなのは間違いないが、それでもフィールド違えば、予期せぬ適性があったりする。また、好きこそものの上手なれともいう。大谷は野球が大好きな選手。だからこそ今の高みにいれるともいえる。
大谷の嗜好を無視し、またそれぞれのフィールドを専門にしてやってる選手たちの苦労を無視して、簡単に何でもできるというのは敬意がない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる