権藤さんが後半戦浮上へ「正捕手・木下拓哉」を固定

権藤さんの意見は解るし、正しいと思うけど、桂や郡司の才能も惜しいんだよな。
桂は第二捕手として隙をうかがって欲しいけど、郡司の打力は何とか生かしたい。
貧打の中日で郡司の打力は貴重なので、コンバートなど含めて今後を検討して欲しい。

確かに権藤氏の意見も理解出来るけど、固定に拘ると京田阿部周平の様に絶不調状態でもなかなか交代しない所があるから難しい。桂もようやってると思うから余計ね。チーム課題は選手の入替えを積極的に行い競争力を高めることだと思う。ホームランや猛打賞打った控え選手が翌日スタメンから外され試合も出ないとかある起用こそが問題なんです

捕手は負担が大きいので、固定とは言っても大差がついたり、先発が炎上してロングリリーフが出るときなどは控えと交代させることは必要だと思います。ただし中日は木下ではなく、奮起しなければならないのはクリーンアップを打つ選手かと。

権藤さんの意見は正論だと思います。しかし与田監督の勝負感の悪さが低迷の原因だと思います。くじ運はいいですけどね。早く来季の監督を検討した方がチームの為になると思います。

中日の場合はいかに1点でも多く点を取るかに限るでしょ。
打たれなきゃ守り切れば、負けはないけど勝ちもない。
やっぱり勝つには点を取ること。
1点をとることに必死にならないと。

もう目先の1勝とかより、来年以降もチームを応援したくなるような若手や新しい選手、投手などが見たい。その為には死に体のヨダ体制ではなく、正直誰が代行でも良いので、来年以降が楽しみな選手が出ている後半戦が見たい。与田野球はもう懲り懲り。そもそもどんな期待値が球団にあったのか?次はこういうトリッキーな抜擢な二度とするな、と言いたい。

その点、郡司は全てインサイドに構えて、佐藤に打たせませんでしたよ!頭を、使った配球が出来るのは、郡司が、優って居ます。キャッチングは、それこそ、練習を沢山、重ねて、是非クリアして頂き、キャッチャーとして、頑張って下さい!

完全に同意します。
弱いくせに温存するような采配は好きじゃないです。捕手を複数人で回すのは捕手がどんぐりの背比べの時か、ハイレベルの捕手が複数いる場合、強いチームがたまには捕手も休ませないと、と思った時だけでいいと思う。木下は結果を出してます。勝つため、将来不動の捕手になってもらうために、休んでもらっちゃ困るんです。ケガを気にし過ぎ?休ませて負けてたら話にならない。ケガなく完走することが目的?勝つことでしょ?だから、過去の監督もつい酷使してしまうこともあったけど、全ては勝利のため。木下は今が勝負どころだと思います。今年は飛躍するチャンスなのに、その機会を奪う、邪魔をしてるようにしか見えない。

木下が正捕手だとは思いますが、固定が必ずしも良いとは思えません。
桂や郡司、下には石橋もいる。捕手であっても競争の中で使っていくのもありだと思う。打力も大事だけど、投手陣はどう思ってるのかな?投げやすい捕手っていると思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる