一打席の重みをもう少し感じてくれ。

一打席の重みをもう少し感じてくれ。

 

 

「2番バッターとして、バントや状況に応じた打撃が疎かだったのかなと」
わかっているじゃんか。
一打席の重みをもう少し感じてくれ。

 

 

5月5日あたりの試合でデットボールくらったときに、バット引きの人に肘当てなどを乱暴に投げていたのを見て、余裕がなさそうな感じがした。ルーキーの頃からずっと出ずっぱりだったと思うから、もう一度この機会に自分を見つめ直して欲しい

 

 

 

 

出られるのが当たり前じゃないことが解っただけでも収穫。阿部も2軍でやり直す事だ。2軍で結果が出た選手を上げるとき少なくとも1ヶ月、10試合位はスタメンでチャンスを与えてほしい。京田阿部にどれだけチャンスをやったか考えてほしい。

 

 

 

 

少しでも意識が変わったのなら意味がある降格。
京田は変わったなと言われるくらい研鑽を積んで欲しい。
身体が強いのは財産。

 

 

 

えっ?っていう感情があった時点で聖域化が本人も当然になってたって事だからなぁ
あの成績で危機感を持たない本人もどうかとは思うけど、森監督時代から優先起用が当たり前になってて全く危機感を持たせられなかった首脳陣にも問題あるけどな
1軍に上がっても、ダメなら即落とす、くらいで、常に危機感を持たせて欲しいわ

 

 

 

 

 

何が何でも出塁してやるんだっていう気迫を感じない。
あっさり淡白に終わる感じ。キッチャーミットに収まってからスイングなんて打席もあったよね。
但し、これは京田だけに言えることではない。他にも苦言を呈したい選手はいる。
交流戦のオリックス福田が福谷に球数投げさせた上で安打を打ったシーンが印象に残っている。
各選手あのような打席が増えることを願ってます。

 

 

 

 

うーん、そんなに京田は2番に固執しないといけないかね。エンドラン大好きな与田政権だと、引っ張れて足の速い京田を2番で使いたがるけど、果たしてそれが本当に答えなのかどうか。

仁村監督はロング打てることを評価してる訳だし、もっとそこを磨いて中距離打者として生きてく方が活路を見出せそうだけどな。1番か6番に置いてフリースインガーでランナー返しまくって、自身も足の速いランナーとして残るみたいな方が相手からしても凄く脅威だと思うけどな。

与田政権なんて今年いっぱいだろうし、政権変われば生き方なんて全然変わってくる。せっかくの機会なんだし、新しいことにチャレンジする時間にしたらいいのに。

 

 

 

ピッチャーが変化球でストライクが取れてない状況で簡単に変化球をふりにいったり、簡単に攻略できないエース級ピッチャーなのに早打ち大振りをしてしまう。
試合を決めるつもりで打席に入ってほしいときは狙い球が定まっておらず、厳しいコースを打ちにいってしまう。
今の首脳陣の考えはわからないけど、京田に求められてるのは打席で考えるバッティングであってほしい。

 

 

 

 

 

京田自身がなりたい打者像と首脳陣が京田に求める打者像は一致してるのだろうか?
京田は何番打者になりたいのかをはっきりさせるべきだと思う。
足を活かして小技もでき四球を選んだりする1、2番タイプの打者になりたいのか?
走れて大きいのも打てる3番打者になりたいのか?
自分がどういう打者を目指すのかをはっきりさせないといつまで経っても一緒だと思う。
まずはそこだと思う。

 

 

 

 

周りから求められるものが変わってきたんですよ。ルーキーから3年目くらいは失敗しても物足りなくても将来性を期待されて辛抱強く起用されてきたよね。
でも、これから先はチームの主力として、周りへの模範となるプレーや成績が求められる。期待値が上がってるんです。だから、ルーキーの時から成績が下がり続けている状態では使う理由もないでしょう。阿部にもそろそろ同じことが言えるよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる