京田をそんな特別視する必要ある?

京田をそんな特別視する必要ある?

 

この成績でこれまで降格なしだったという方が異常だしフラットに競争させてほしい。

 

 

「京田を外して三ツ俣に変えたら、チームが好調になった」という論理が誠しやかに語られているが、これには同意できない。
主軸打者(特にビシエド・福田・ガーバーら3.4番)の不振で連敗中だった中日を、5/16土壇場の同点打で引き分けにし、5/18に3打点の活躍で5/9以来の勝利に導いたのは京田でした。
その後雨による中止が続いて、5/21.22の巨人戦2試合でも京田はヒットを打って再三チャンスを作っていました。最後のスタメンだった22日まで京田は6試合連続安打継続中でした。
22日は初回に送りバントも決めてますが、3.4番が打てず得点にできなかっただけです。
同じ日の6回には大島・京田の連続安打で作った無死一二塁からビシエドの2点タイムリーが生まれました。ビシエドは、ここから復調したのです。京田・三ツ俣の交替とは無関係。

 

 

京田と阿部については、何が良い点なのか、というと
ボディの強靭さ。この二人はその点についてはトップクラス。
だが、その点ばかりがフォーカスされてしまったため、他の
改善して欲しい点についてはほぼ手付かずだった。

いい機会なので、他の改善したい点も京田はしっかりと
身に着けてきて欲しい。ホントは阿部も同じ事をして
欲しいが、微妙に打ち出してきてるので、首脳陣が躊躇してるのか?
堂上を上げたんだから、阿部も下げてしっかり鍛えなおして
他にも溝脇などを堂上と併用で調子のいい方を使いながら
やりくりをして欲しい。

これからも、レギュラーでも調子が悪ければ全然二軍降格が
あるよ、という方針を貫いて調子のいい選手をどんどん使って欲しい。

 

 

本人としては慢心はないでしょうが、大きな売りである守備にほころびが出ればそう思われても仕方ない。打撃も振るわなければ、悩みもあることでしょう。
今が正念場と捉えて、這い上がるつもりで頑張ってほしい。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる