【速報】ドジャースが32年ぶり世界一!

ドジャースが32年ぶり世界一!

目次

速報

大リーグのワールドシリーズ(WS、7回戦制)、ドジャース―レイズ第6戦が27日(日本時間28日)、米テキサス州アーリントンで行われ、ドジャースが3―1で勝利し、32年ぶりの頂点を勝ち取った

 

ファンの声

ドジャース32年ぶりの
ワールドチャンピオンおめでとう!
できればマエケンがいる時に優勝して欲しかった。

筒香には来年、活躍できることを願ってます。

 

 

 

 

 

 

スネルを代えたのが全てだった。同点まで続投させてヤーブロウなりアンダーソンなりに継投してればもしかしたら。アンダーソンも打ち崩された訳では無いだけに余計に悔やまれる。それにしてもベッツはすごい。逆転に繋がる二塁打に勝ち越しの好走塁、勝利を手繰り寄せる本塁打。彼の活躍無しに世界一は無かった。

 

 

 

 

 

 

今日で言うとスネルの交代が失敗なのは明らかだったが、不安定になった強力リリーフ陣、そして何よりアロザレナにおんぶに抱っこの貧打ではドジャースに勝つのは難しかった。
悔しいけどドジャースおめでとう。文句無しのチャンピオンです。

 

 

 

 

 

何でスネル代えたんかね。本人も明らかに納得してなかったのに。そこから一気に攻めたドジャースお見事。ベッツはいきなりMVP級の活躍やったね。おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

レイズの敗戦は必然的であろう。
打撃力がドジャースより劣る、とにかく各打者の三振が多すぎる。
チャンスにも連打で得点出来ないし、単発のホームランだけでは相手投手陣を崩せない。

 

 

 

 

 

 

今日だけではなくこのシリーズのレイズの敗戦は、ヘッドコーチの投手交代がすべてだろう。交代させられた投手のほとんどは、不満なのか態度に出ていた。最終戦なんか、続く打者は二人ともそれまでの二打席三振に終わっている。スネルの投球に対応できていなかった。負けるべくして負けた試合だった。今季のレイズ躍進の功績が目減りする采配だった。

 

 

 

 

 

 

ワールドチャンピオンドジャースおめでとうございます
2010年代最強投手の一人に挙げられながらプレーオフではなかなか力が出せずに大舞台に弱いと言われてきたカーショウも2020年に来てついにチャンピオンリングを手に入れたと思うと感慨深いね
異例づくめの短縮シーズンだったけどドジャースは粘り強かった
来季も残念通りのシーズンに戻れるかわからないけど今後の活躍も楽しみ

 

 

 

 

 

 

キアマイヤーやアロザレーナといった選手とポジションを争うのはとても大変だな、筒香選手。

来年はオープン戦からアピールしないとベンチにも入れなくなるかもね

 

 

 

 

 

 

ドジャースおめでとうございます
今年は番狂わせはなかった印象

しかし今年はなぜスネルを6イニング以上投げさせないんですかね
レギュラーシーズン11度先発して、6イニング以上投げたのが0回
無失点のまま降板したことも少なくなかったですし
怪我の影響とかなんでしょうかね
続投してたらどうなってたか考えてしまいますね

 

 

 

 

 

4戦目でジャンセンが打たれ守備陣の失策もあってサヨナラ負けしたときにはレイズに流れが行くと思ったけどねぇ・・・今年は執念が違ったね。昨日の第5戦でのカーショーも1点差までは詰められたけど同点逆転は許さなかった。6回途中でのエースの交代にロバーツの采配にブーイングだったが、降りるカーショーは納得しているように見えた。全力で踏ん張ったんだよ。だから今回のWシリーズの勝負の分かれ目はあのカーショーの交代だったように思うね。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる