MENU

【中日ファンだもんで】「竜の51番は上林」と言われる活躍を誓った「そこでプレー中は笑わないとか、勝手にまねしちゃいました」期待大

YouTube
【中日ファンだもんで】「竜の51番は上林」と言われる活躍を誓った「そこでプレー中は笑わないとか... 中日に新加入した上林が背番号51への思いを語った。米マリナーズなどでプレーしたイチローさんに憧れており、「竜の51番は上林」と言われる活躍を誓った。幼いときから毎日...

今年の中日は移籍で注目が集まっている。特に巨人から来た中田翔や中島は実績もあり全国的な知名度があるのでローカルチームの中日にとってはとても嬉しいことである。しかし、私が一番期待しているのはソフトバンクからきた上林である。なんといっても年齢が28歳でこれから一番活躍できることが期待できるし、レギュラーを獲得して長く活躍することもできる。上林に期待する理由は大きく二つあります。一つは今の中日の選手の年齢で30歳前後が少ないということ。本来なあらば高橋周平と行きたいところですが近年は出場機会に恵まれていません。ドラフト戦略など色々な理由はあると思いますが現状一番活躍が期待できる世代がすっぽり抜けてしまっているのが現状であり上林にはその部分にも期待したいです。二つ目は出場機会のチャンスが多そうということです。内野はファーストが中田翔でサードが石川、セカンドショートはたくさんいる候補選手から上がってくる選手を期待しているという状況でファーストとサードに関してもサブ選手がしっかりいます。外野に関しては岡林と細川がほぼほぼ去年の活躍から決まりでレフトは大島を含めて外人や若手が争うイメージをされている方が多いと思いますがそこがそううまくいかないと私は考えています。岡林はここ2年間活躍を続けていますが3年目も大丈夫というのはまだ早いと思います。特に今年から背番号が1をつけるというのが懸念事項として挙げる理由である。これまで中日では多くの有望選手が背番号一をつけていますが古くは藤王など期待を裏切るケースが多いので岡林には裏切って欲しいですが心配をしています。もう一人は細川です。去年シーズン途中に現役ドラフトで中日に移籍して出場できるようになりあれよあれよという間にホームランも量産しました。ただ、シーズン後半はそれなりに研究されてホームランは減っていたのを考えると今年もすんなり30本とはいかずに苦戦する可能性もあると考えます。この二人はまだ若いですが去年それなりに結果を出してチヤホヤされているというところにスキがあるのではないかと心配しています。それに比べて上林は選手としての実力はるのだが怪我で出場機会がなかった悔しさと、ソフトバンクをクビになって見返したいという悔しさがあり気持ちの入り方のレベルが違うような気がして期待をしています。外野で出場して欲しい選手はブライト健太や鵜飼などたくさんいますが今年レギュラーで1年通して活躍するにはまだまだ若いのでプロ野球の経験もあり若さもある上林には期待したいです。

中日に新加入した上林が3日、背番号51への思いを語った。米マリナーズなどでプレーしたイチローさんに憧れており、「竜の51番は上林」と言われる活躍を誓った。幼いときから毎日のようにテレビで流れるイチローさんの活躍を見てきた。中学時代にはイチローさんに関する著作を熟読。「そこでプレー中は笑わないとか、勝手にまねしちゃいました」と当時の憧れが今の自身にもつながっている。ソフトバンクへの入団時には憧れの人と同じ背番号をもらい、「うれしかった」。今オフに戦力外通告を受けて中日への入団が決まった際には空いていたこの数字を自ら希望。イチローさんの出身地である愛知県を本拠地にする中日でも同じ番号を背負うことに、「何かご縁を感じますね」と表情を緩める。

「竜の51番」には本当に期待したい。ここ数年悔しい思いが続いてるが、ハングリー精神をぶつけて頑張ってほしい。同じく出場機会を求めてやってきた「竜の6番」、昨シーズンにキャリアハイを実現させて今年は更なる飛躍が期待される「竜の55番」の移籍組で打ちまくってほしい。そして伸び悩む期待の若手やくすぶるベテランを大いに刺激してドラゴンズを大きく変えてほしい。がんばれ、上林!

古くからの中日ファンですが昔から他のチームの選手の事は興味が無いというか余り知らないのですよね。 対戦相手として中日戦に活躍する投手とか良く打つ打者の名前は直ぐに覚えるのですが、それ以外の選手はうろ覚えで特にパ・リーグになると殆んど分からん感じ。 上林選手は皆さんのコメントを見てると期待出来そうな気がしますね、生え抜きの鵜飼やブライト選手を応援しているのは勿論ですが中日が強くなる為に大勢で切磋琢磨してレベルアップに励んでもらいたいです。

貴重な左打者。上林が期待通りの活躍してくれたら面白いシーズンになりそう。左ピッチャーの時はブライト、鵜飼を使いたくなるような状態に2人がなれば更に期待度が増します。 キャンプ怪我なく過ごしてほしい。

「笑わない男」のうらにはこんな理由があったのか…︎ 現状・新戦力では中田や中島の方が注目を浴びてるみたいだけど、個人的にハングリー精神は1番有る様に感じる。「攻・走・守」揃った強打の左バッターで中日には居ないタイプ。中日で蘇れ、上林選手!外野の一角を奪っての大活躍を期待しています︎

左でパンチ力のある上林の存在は大きい、キャンプでも活躍してくれそうな動きを見せている。出場機会はかなり与えられると思うので復活して欲しいです

もし上林が今年もソフトバンクと契約していたら、どのように言われていたのでしょうか? 「外野手のレギュラー候補」 「V奪回の切り札」 などと言われていたでしょうか? 間違いなくそんな事は言われていないでしょう 近年はケガなどもあり不振続きでした きっと 「若手にも出場機会が奪われて厳しい立場」 「往年の活躍は無理だろう」 などと言われる事になっていたと思います 移籍などをきっかけに変わる選手も稀にいます 上羽がそうなる可能性は否定できません しかし冷静に考えれば、5年間ケガなどもあり結果を残せなかった選手 そしてソフトバンクは復活の可能性が低いと判断して戦力外になった選手です 普通に考えれば、そんなに大きな期待のできる選手ではないと思います 少なくとも 「上林が来たから選手層が厚くなった」 という事は違うでしょう

もっと特に意味を持たない背番号でも選べたと思うんですよ。 でもあえて51を選び、イチロー選手への憧れを口にすれば、上林選手を良く知らない自分としては期待値が上がりますよ。 え?中日のイチローになってくれるんですかと。 そんな外野の勝手な期待が高まるのもわかってると思う。 自分にあえてプレッシャーかけてるんでしょうね。 今季から55背負う細川選手といい、ホント外様選手はメンタル的にもたくましさを感じる。 岡林選手の背番号1は球団が変更勧めたからって記事はみましたが、自ら望んだものなのかな…

怪我が完治していれば、間違いなくレギュラーになれる上林。 実績は折り紙つきながら、まだまだ若い28歳! 守備練習でも打撃練習でもその片鱗を思う存分見せつけている! 敵は怪我だけか? 3番ライト上林!何にもおかしくない!

いいなぁ我がチームにこんなに振り切れる左打者が来たなんて! 岡林、大島、周平皆んなちょこんとレフト前打者だから! グワーンと右翼に引っ張り切れる打者は是非スタメンに並べたいよ。

ドラゴンズはユニフォームの胸番号をドジャース みたいにもっと大きくした方が見栄えが良くなると思う

活躍すれば、背番号が勝手にカッコよくなるので、上林選手!頑張って下さい!

竜の51番に過去現在価値は無いから価値を出してくれると嬉しい

28歳とまだ若いし、復活したらまだまだ活躍できる。 ただ、2017、2018年と言うと、今から5年くらい前。 中日ファンとしたら良い時を期待してしまうけど、ケガもあって5年低迷していた選手が環境が変わっていきなり復活なんてことがあるだろうか。 期待し過ぎてしまうのは良くないと思いつつ、やはり期待してしまう。 上林がセンターに入れば、岡林をライトに回すことも出来る。

キャリアハイの数字が左打ちとしてドラゴンズにとっては理想的だから期待はしている。 ただ去年だけではなく、ここ数年の打撃が全くおかしくなっていることにも目を向けなければ。 自分は今は「両手を挙げて」というよりは、今後の推移を冷静に見て行きたい選手だと思っています。

2022年は5月中旬に怪我をしてしまいましたが、成績は93打数28安打と3割を超えていました。たらればですが、怪我をしていなければ2022年は復活の年だったのではないかと思っています。 真面目な選手だと思いますから、中日でも必ず活躍出来ると信じています。

最近の上林選手は、落ちる球への対応ができずに打つほうがさっぱりの状態でした。 低めの球をひろってライナーでスタンドまで持っていけるような素質はあるので、上手くばけることができれば期待できます。

ドラゴンズファンですが、上林選手は失礼ながらあまり知りませんでした。 でも、キャンプの映像から、ライトからのバックフォームといいバッティングといい、良さそうな選手だという事は分かりました。 評価は様々なようですが期待したいと思います。 立浪監督も再生させてあげたいと話していたから ドラゴンズでがんばって欲しいです。

今日の北谷でのキャンプでホークス上林のユニフォームを着た人を5人ぐらい見かけた。 ホークスがキャンプを実施しているのは宮崎にもかかわらず。 その人たちのためにも、活躍する姿を見せてほしいと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次