MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾は野手より投手の方が向いてるとは思うけど、先発よりは中継ぎの方が向いている気がするんだよね。

野手より投手の方が向いてるとは思うけど、先発よりは中継ぎの方が向いている気がするんだよね。今シーズン投手として投げた2試合とも150キロのボールを投げれていた。ただ、中継ぎは1イニングのことだけを考えて投げればいいが、先発となると力配分も考えなければならない為、この2試合のピッチングができるとは限らない。大阪桐蔭時代も投手をやっていたので力配分の仕方は知ってると思うけど、度胸はあると思うので先発よりも中継ぎの方が適性あるかもね。

根尾が野手としてレギュラーを獲りたいのであれば、やはり野手が圧倒的に手薄だった去年までにどうにかしなければいけなかったということだね。今のようにミート中心のバッティングを去年やっていれば外野ならレギュラーは獲れたかもしれない。ただ残念ながら根尾は大振りスタイルにこだわってしまった。今年は石川、鵜飼、岡林の3人が一気に将来の中心選手になるポテンシャルを見せたことで、根尾が野手としてレギュラーになれる可能性はなくなったというのが立浪監督の評価なのだろう。監督がすぐに替わる可能性はほぼない以上、根尾も決断をしなければいけないね。

忘れてはいけないのは、根尾はプロ入り後ほとんど投球練習を行っていない

投手としての身体作りは全く行っていない

4年間投手として何もやっていなかった分、今オフのドラフトで入団してくる高卒の投手よりもマイナスからスタートする事はマスコミもファンも認識しておく必要があると思う

投手に転向したから
「さぁ〜、ローテ入り」
ではなく、5年計画くらいの長い目で見る必要がある

年齢は22歳になるが、立場は18歳以下

野手としての現状も厳しいが、投手に転向しても厳しい現実が待っているでしょう

現段階で成功しているのは、投手起用。
打てる投手の方が、起用され易いのであれば、転向した方がいいと思うが。結局プロは試合に出てナンボ。福留もなりもので内野手で起用されていたが、外野手に転向して大成しました。
根尾選手も今の所プロの遊撃手のレベルではないと判断されているのだから、当分起用されない。
この三年間どんな育成をして来たんだということに尽きると思う。

立浪監督の本気度が知りたい
投手として育成するなら今すぐに2軍に配置して、今年1年は投手としての経験を積ませるのがいいと思う。
マスコミ等から色々言われるだろうが根尾の育成方針を貫いてほしい。
立浪監督にその覚悟が無いなら、マスコミに余計なことは言わないほうが良いと思う

少なくとも今シーズン中に一軍で先発ってことはないでしょ。その前に今シーズンは打者として来年に繋がるような成績が欲しい。本人もプロ入りした時に打者として勝負すると決めてたし。ショート根尾で定着できればチームとしてもいいと思うが。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる