MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

立浪監督、根尾昂の先発構想明かす

https://cnews.yahoo.co.jp/articles/65e5925471aeaa0983c01ffe5ab6afe4f190f46d


大阪桐蔭高校の西谷監督も投手根尾さんに魅力を感じていたのを記憶しています。 確か高校時代も投手練習は本格的にはやらせていないはずなので、それであのスピードとコントロールをしているのであれば、プロで本格的な練習を積めばまだ球速も上がるだろうし、変化球だってもっと良くなると思います。 身長は高くはないですが、日本を代表する山本投手も同じくらいの身長なので、あんな投手になってくれたらと想像してしまします。 投手でやってきた人達より肩の消耗も少ないだろうし、根尾さんの頭の良さを投手のときのほうがより活かせるのではないかと。 立浪監督はどこかのタイミングで何らかの判断をすると思うけど、人気選手の判断をするということはもの凄く大変なことだと思うけど、根尾さんとしっかり話して決めて欲しいです。 根尾さんが立浪監督と出会えたのが最高の出合いになれることを、中日の、根尾さをのファンとして心より願っています。

根尾選手は今年のキャンプから投手の練習もさせられていた。バッティングも改善させなければならなかったから、物凄い練習量だったと察する。それでもオープン戦で結果を残し、一軍でもいいところで打ってチームに貢献している。
 もし、他の選手のようにバッティングや野手のポジションだけに専念できたら、もっと結果は違っていただろうに。
 大器晩成というが、根尾選手の潜在能力が高すぎて、簡単に彼の能力を見定められないということもあると思う。根尾選手も自分の立場をよく分かって、とにかくできることを精一杯やっていると思う。
 立浪監督自身が、守備は練習すればするほど上手くなると言っていた。頭の良い根尾選手のことだから、もう少し時間を与えればコーチとともに克服していくと思う。今までは身体能力だけで、守備を行なってきたのだろう。投手でも二刀流でもショートでも、輝く根尾選手を心から応援している。

戦力が薄いのは先発だけど、スタミナ、球種、制球力と未知数の部分が多い。リリーフならスピードがあればある程度は計算できるし、将来的にショートスタメンになれるのならむしろ毎日でも貢献できるリリーフのほうが使いやすいのではないだろうか。
ただ先発が出来るのであれば、KOされなければ打席にも立てるのは確かで、中日だけDH制になるようなもの。アドバンテージは持てる。でもいくら根尾でも難しいだろうね。
この立浪監督の柔軟すぎる発想には驚かされる。今年中にはお試し登板も見られるかもしれない。それはそれで盛り上がるだろうし良いのかもね。

個人的には投手の方が出番も多いだろうし球筋見ても投手の方が適性あると思うので投手でいいと思う

ただ野手に拘りショートが現状難しいなら、ショートではなく、サードでしばらく使えばいいと思う。石川もそうやって育成していたわけで、まずは根尾に打つ方に集中させる

今は高橋がサードやっているけど、それも石川が戻るまでなわけで、高橋より石川の成長に期待する空気があるのなら、高橋も最早不動ではない

30近い高橋に拘るのは結局、平田や堂上と同じ轍を踏む。それなら若い選手の可能性に賭けた方がいいと思う

高橋をどうしても起用したいなら、二軍でショートやらせてしばらく一軍で起用しないとか

使うのであれば、今季は種を撒くシーズンならちゃんと若い選手を使って種を撒いて準備してほしい

まだ日本ハムの新庄の方がそのへん覚悟あるように思う。万波とか我慢して使って10本打ってる

中途半端だよ今の根尾の起用法は。


ショートがダメなのではない。
それなりの機会を与えれば2割そこそこは撃つだろうし、守備も無難にこなすようにアジャストすると思う。
実際野球経験者の自分からみても何がそこまで不安定なのかはわからんしね。
ただし、立浪ー片岡ラインは最初から投手にさせたいと考えていたと思うし、そこまでの才能なのだと思う。
敗戦処理で経験積ませて、いつか先発というコメントは投手のドラフト1位の育て方と同じだ。
これから先発、中継ぎ、抑えの適性を計っていくことになるが、投手を捨てて入団してきた根尾に対してモチベーションを下げないように最大限配慮して育ててると思う。本人踏ん切りがつけば加速するだろう。

投手専念であれば先発とか初めて具体的な言葉が飛び出した感じで驚きをかくせません。マウンドさばきといい確かにテンポの良さなどは教えられて出来る部分ではなく彼が如何に投手の素養をも持ち合わせている所以でもあります。

大阪桐蔭・西谷監督は節目節目の試合では必ずと言っていいほど根尾を先発させていました。根尾は正遊撃手でしたし、エースナンバーをつけてるちゃんとした柿木君がいたにもかかわらずです。だからプロ投手のトレーニングをしていない現状では難しいとしても徐々にそれをやっていければリリーフよりは先発が合っているかもしれません。ドラゴンズの向こう2年、3年と先発が不足する中であれば根尾を先発へは理解もできます。

ただ、自分やファンの方々の多くは根尾の打撃や遊撃手・外野手としての肩や守備に期待しています。そこをどう折り合いをつけるか、難しいところです。

非常に器用な選手で誰でもできる訳ではないと思うが、今のところ投打守とも1.5軍くらいの力で、それはそれでスゴイことなのだが、全体として決め手に欠ける印象が拭えない。つまり、器用貧乏に終わる懸念が残る。但し、本人は便利屋になるつもりはないだろうし、与えられた仕事を全力でこなそうとしているだけだと思う。首脳陣は、本人とよく話し合う機会を設けて共通の目標を見失わないように対応をして欲しい。

あれやれ、これやれと便利的に指示され、プレーしている根尾自身の本心はどうなのか。立浪が彼と今後の選手としての方向性を話し合っての発言なら良いが、そうではなく、立浪が監督としてチーム全体を鑑みて独断で決めたのなら、チョッと独善的ではないかと思う。やはり、根尾がどのポジションでプロ野球人生を全うしたいのか、そして、監督自身の根尾に対する方向性を双方が十分話し合うべきではないだろうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる