MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

京田さんはとにかく三振しないように初球打ちとかチャンスでは併殺しないようフライ気味に打ちに行ってるとか無様な姿を見せないように努力しているように見える。

今必要な野手は「勝ちを優先」する選手です。京田さんはとにかく三振しないように初球打ちとかチャンスでは併殺しないようフライ気味に打ちに行ってるとか無様な姿を見せないように努力しているように見える。打つのに自信がないならストライクコースをことごとくファールで逃げるとかセーフティバントをするとか、少しでも相手投手が嫌がる努力をして欲しいものです。

遊撃、捕手、中堅どこか一人ぐらいなら守備が良ければ打撃は目をつぶっても良いポジション、
現状、打撃と言うか得点力に非常に乏しいから1発に期待する打線を組んでいるものの
1発も少ない。
結果はともかく生まれ変わらせようとしている姿勢は見えます。
長期のビジョンと短期のやりくりの両立は難しいものでしょうけど何とかうまくやっていけることを願います。

今シーズンの残り試合のショートは根尾の育成に使えば良いと思うし、秋季キャンプや来春のキャンプでも徹底的に鍛えあげて、オープン戦でも優先的に起用して試してもらいたい。
それだけの機会を与えても来シーズン根尾がショートで結果を出せなければ、それこそ投手転向でも外野手復帰でも何でもすれば良い。

こう言う時のために、って言うか近い将来守りの要であるショートを任せるつもりで根尾や土田を獲ったんでは?
巨人は坂本の代役に2年目の中山を「抜擢」して坂本の後釜をしっかりと育ててる。
中山だって1軍の戦力として何処に出しても恥ずかしくないってレベルになってるから使われてる訳ではないと思う。
多少の我慢は覚悟の上での抜擢だろう。
巨人やソフトバンクのような強いチームは、そうやって思い切った若手起用を頻繁にするから何年経っても弱くならないんだと思う。
中日にはそれが出来ない。
三ツ俣がまた燃料切れした時には、根尾、土田のショートを本職にしている若手を出血覚悟で使って欲しい。

残念だけど、今のチームで使う場所が無いのであれば、彼らが使えるうちにトレードで出してあげた方がが良いのでは?
そして、中日も今のチーム状況で欲しい選手が居て、双方のチームが得をするのであれば、それはそれでいいと思いますが。

京田が2軍へ、そして根尾を再コンバートで2軍でショートをやらせる。そこまでの構想は良かったのだが大島のケガ、木下、石川、平田のコロナ感染で根尾は一軍に上がったもののピッチャーやら外野やら使い方がたらい回し。

オマケに周平をショートで使う始末。これでは選手も自身の位置を把握出来ずに迷ってしまって、落ち着いてプレイなど出来る筈がない。

完全に立浪監督は迷走しています。ショート問題で揉めるなら、現状は三ツ俣と溝脇。そして将来を見据えて根尾を下に落として徹底的にショートの練習をさせるでいいんじゃないのかな。

で問題は京田だが、このままで終わるとは思えないので取り敢えず2軍で調整。守備力はどう考えてもトップクラス。一軍での活躍を期待したいが、どうなることやら

今必要な野手は「勝ちを優先」する選手です。京田さんはとにかく三振しないように初球打ちとかチャンスでは併殺しないようフライ気味に打ちに行ってるとか無様な姿を見せないように努力しているように見える。打つのに自信がないならストライクコースをことごとくファールで逃げるとかセーフティバントをするとか、少しでも相手投手が嫌がる努力をして欲しいものです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる